ユーザ車検

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

日産セレナは、平成12年車で今年、2回目のユーザー車検を受けることになります。

2年前に行った時に準備した、ユーザ車検の案内書や点検の場所などをもう一度読み直し、さらに、ネットで調べた内容を追加し、改善されたユーザー車検案内書を作りました。また、24ヶ月点検簿を作り、点検を続いています。

今回、ぶつけ本番で思い切り、ユーザ車検をネットで予約し、7月13日に1ラウンドに行きました。前日に、サムエルと一緒に、ライトなど確認をとりましたので、少し外回りのチェックには、安心しました。

自賠責保険は、地元の修理屋さんに頼みました。後は、重量税4万円と印紙代1800円のみで総額6万5千円程度になりました。

最初は、緊張していましたが、コースの周囲にいる職員に聞きながら、事前に読んでおいた内容を照らし合わせながら、一旦全て終了しましたが、2点の不合格の場所がありました。1)ヘッドライト(左) 2)マフラーの固定部分のネジが外れている。すぐ、いつも行っている陸運局の近くに、車を持って行き、ライトの調整とマフラーのネジの部分を溶接していただきました。車を持ち上げた状況で、自分の目で色々確認しながら、メカニックが指摘してくれた、ドライブシャフトのひび割れやすでに割れた部分を見まして、すでに読んだ整備の内容にもあった内容でしたので、すぐ、交換していただくことにしました。

これからも、長く乗るつもりでありますので、現在192400Kmを超えていますが、40万Kmまでもいけるのではないかとも思いながら、後4回程度車検を取る(つまり、これから10年間使う)予定をしています。へっ?と思うかも知りませんが、自分で点検し、ネットで調べながら、直していけるとしたら、37500円で購入したこの中古車の価値もうんと上がるのではないかとも思います。

チェイン式のタイミングベルトですので、10万Kmごとに交換することも無く、これは、ラッキーでした。

アメリカに住んでいるときは、カリフォルニア州の道路風景には、中古車で日本では見かけないほどの車も沢山走っていました。それと比べると日本では、10Kmごとに、あるいは、10年ごとに、車を取り替えることが当たり前のようにしているのは、エコー的に考えても、もったいないことではないかと思います。古いものを再生し、それを有効利用することも、神様が与えられた資源を有効に使うことになるのではないかとも思います。

新車は、気持ちいいのですが、借金があったりするのは、どうかな?とも思います。今回の津波の時にも、沢山の新車や新車同様の車が流れていきました。何十万台の車が一気になくなりました。ものを見る考えやモノに対する気持ちを切り替える必要もあるのではないかと思います。

自分に与えられたものに満足する生活は、幸せを与える基本ではないでしょうか。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1