1コリント12章 キリストにあってひとつのからだ

投稿者: サムエル・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 



コリントへの手紙 第一 12:12

「ですから、ちょうど、からだが一つでも、それに多くの部分があり、からだの部分はたとい多くあってもその全部が一つのからだであるように、キリストもそれと同様です。」

この箇所は、御霊の賜物について書かれていました。
知恵のことば、信仰、いやしの賜物、奇跡を行う力、予言、
霊を見分ける力、異言、威厳を解き明かす力などです。
これを読んで、僕はキリストのからだのどの部分なのか?
ということを思わせられました。自分に与えられた才能、賜物、そして召し。
これらのことをこれから深く考えて、キリストのために、自分のすべてを捧げ、
神の召しに従っていきたいと思いました!!

サムエル・リー

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1