エペソ4:2 完全な謙遜

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

エペソ4:2 謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互いに忍び合い、

Eph 4:2
 2 Be completely humble and gentle;
NIV

4章1節は、自分の召しにふさわしく歩みなさいということでした。2節のはじめは、謙遜の限りを尽くすことです。英語では、Be completely humbleと書いてあります。完全な謙遜は、何でしょうか?これが、考えたいことです。

1.一つは、自分の召しを知ることかと思いました。つまり、謙遜は、自分が何者か知ることから始まるということです。自分の本来の存在とその意味を分かるとき初めて、謙遜に成るのではないか?という思いです。自分がないのに、謙遜になることは出来ません。自分があって、その自分の存在が意味している存在の価値があるから、謙遜になれるのではないかと思いました。

2.キリストの体を先に考える。自分の役目が分かると、キリストの体の一部として働くように成ります。そこから、自分のあるべき姿があり、他の人と比べたりはしなくなります。ここから、自分としての歩みが始まります。

3.完全な謙遜は、神様が創ってくださった自分のことをありのままに受け入れることです。それより大きいことでもなく小さいものでもない、ありのままでの自分を受け入れることから神様と感謝の関係になり、他の人と比べる必要もなく完全な感謝の歩みが味まります。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

 

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1