使徒の働き14章 奇跡を伴う異邦人への福音

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 
使徒の働き14章 奇跡を伴う異邦人への福音

15年06月29日0232

ユダヤ人から迫害を受けて、イコニオムという現在のトルコのコンヤという場所へ行ったパウロとバルナバは、引き続く福音の宣教を行いました。そこでも、ユダヤ人の会堂で語り、ユダヤ人やギリシャ人が多く信じたが、信じないユダヤ人たちは、パウロ御一行を迫害した。

イコニオム(現、コンヤ)の南西部にある、ルステラ(現、Gökyurt)では、生まれながらの足なえでしたが、信仰があることをわかってパウロは彼に向かって「自分の足で、まっすぐに立ちなさい」と大声で語った結果、彼は癒された。これを見た大勢の人々が彼らの福音を信じました。

ところが、「ゼウス神殿の祭司が、群衆と共に、ふたりに犠牲をささげようと思って、雄牛数頭と花輪とを門前に持ってきた。」 彼らは、パウロとバルナバが神だと思ったからでした。これは、パウロが生ける神様への信仰を伝えたのに、反対のことを行うことで悲しんだ。パウロは、彼らに自分は、神ではなく、伝えたイエス・キリストが神であることを説明し、彼らの犠牲を止めさせた。

今も、奇跡は起きます。また、しるしも、現れます。それには、信仰が必要です。イエス・キリストを生ける神様として信じる人には、その信仰によって奇跡が起きます。

生きている主イエス・キリストは、私たち信じうるものと共に居てくださいます。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー



Act 14:1 ふたりは、イコニオムでも同じようにユダヤ人の会堂にはいって語った結果、ユダヤ人やギリシヤ人が大ぜい信じた
Act 14:2 ところが、信じなかったユダヤ人たち異邦人たちをそそのかして兄弟たちに対して悪意をいだかせた
Act 14:3 それにもかかわらず、ふたりは長い期間をそこで過ごして、大胆に主のことを語った主は、彼らの手によってしるしと奇跡とを行わせ、そのめぐみの言葉をあかしされた
Act 14:4 そこで町の人々が二派に分れある人たちはユダヤ人の側につきある人たちは使徒の側についた
Act 14:5 その時、異邦人やユダヤ人が役人たちと一緒になって反対運動を起し使徒たちをはずかしめ、石で打とうとしたので、


Act 14:6 ふたりはそれと気づいて、ルカオニヤの町々ルステラデルベおよびその附近の地へのがれ
Act 14:7 そこで引きつづき福音を伝えた
Act 14:8 ところが、ルステラ足のきかない人が、すわっていた。彼は生れながらの足なえで、歩いた経験が全くなかった
Act 14:9 この人がパウロの語るのを聞いていたが、パウロは彼をじっと見て、いやされるほどの信仰が彼にあるのを認め
Act 14:10 大声で「自分の足で、まっすぐに立ちなさい」と言ったすると彼は踊り上がって歩き出した


Act 14:11 群衆はパウロのしたことを見て、声を張りあげ、ルカオニヤの地方語で、「神々が人間の姿をとって、わたしたちのところにお下りになったのだ」と叫んだ。
Act 14:12 彼らはバルナバゼウスと呼び、パウロはおもに語る人なので、彼をヘルメスと呼んだ。
Act 14:13 そして、郊外にあるゼウス神殿の祭司が、群衆と共に、ふたりに犠牲をささげようと思って、雄牛数頭と花輪とを門前に持ってきた
Act 14:14 ふたりの使徒バルナバとパウロとは、これを聞いて自分の上着を引き裂き、群衆の中に飛び込んで行き、叫んで
Act 14:15 言った、「皆さん、なぜこんな事をするのか。わたしたちとても、あなたがたと同じような人間であるそして、あなたがたがこのような愚にもつかぬものを捨てて、天と地と海と、その中のすべてのものをお造りになった生ける神に立ち帰るようにと、福音を説いているものである。
Act 14:16 神は過ぎ去った時代には、すべての国々の人が、それぞれの道を行くままにしておかれたが、
Act 14:17 それでも、ご自分のことをあかししないでおられたわけではないすなわち、あなたがたのために天から雨を降らせ、実りの季節を与え、食物と喜びとで、あなたがたの心を満たすなど、いろいろのめぐみをお与えになっているのである」。
Act 14:18 こう言って、ふたりは、やっとのことで、群衆が自分たちに犠牲をささげるのを、思い止まらせた。


Act 14:19 ところが、あるユダヤ人たちアンテオケやイコニオムから押しかけてきて、群衆を仲間に引き入れたうえ、パウロを石で打ち、死んでしまったと思って、彼を町の外に引きずり出した
Act 14:20 しかし、弟子たちがパウロを取り囲んでいる間に、彼は起きあがって町にはいって行った

そして翌日には、バルナバと一緒にデルベにむかって出かけた。
Act 14:21 その町で福音を伝えて、大ぜいの人を弟子とした後ルステライコニオムアンテオケの町々に帰って行き
Act 14:22 弟子たちを力づけ信仰を持ちつづけるようにと奨励し、「わたしたちが神の国にはいるのには、多くの苦難を経なければならない」と語った。
Act 14:23 また教会ごとに彼らのために長老たちを任命し断食をして祈り彼らをその信じている主にゆだねた


Act 14:24 それから、ふたりはピシデヤを通過しパンフリヤにきたが、
Act 14:25 ペルガで御言を語った後、アタリヤにくだり、
Act 14:26 そこから舟でアンテオケに帰った。彼らが今なし終った働きのために、神の祝福を受けて送り出されたのは、このアンテオケからであった


Act 14:27 彼らは到着早々、教会の人々を呼び集めて神が彼らと共にいてして下さった数々のこと、また信仰の門を異邦人に開いて下さったことなどを、報告した
Act 14:28 そして、ふたりはしばらくの間、弟子たちと一緒に過ごした

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1