黙示録13章

投稿者: サムエル・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 



黙示録13章からはサタンの動きが活発になってきています。

地上にいる人々にしるしを行い、神の名を汚すことを言い、
獣の刻印を受けさせ、獣を拝ませたりと。。。

世の中に混乱が起こり、人々はその獣によって惑わされます。

13章の終わりにはこう書かれています。

「ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」

666の数字についてはたくさんの情報が蔓延っていますね。
しかしなぜこの数字は人間を指しているのでしょうか?

7という数字は"完全"を表します。
しかし6は一つ足りません。

つまり6という数字は人間が不完全であるという意味です。

現在、インターネットや雑誌、その他様々な情報機関で
終末論についてたくさんの仮説があったり、(聖書以外は全て偽りですが)
世の終わりを物語っている映画等も多数ありますが、

大事なのは、いつこのようなことが起こるのか、
誰が反キリストで、獣の刻印が何なのかということではなく、

キリストとの個人的な関係だと思います。この世界で何が起ころうとも、影響されずに自分の志を貫くこと、それから10節にもあるように、忍耐と信仰を持つことが、再臨の時代を生きる私たちにとって最も重要なことだと考えます。


サムエル・リー



コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1