エゼキエル44章 心に割礼を受ける

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 
エゼキエル44章 心に割礼を受ける

nature042

預言者エゼキエルに神様から見せられた聖所について語られています。その中で、イスラエルの罪が示されています。その一つが彼らの心に割礼を受けなかったということでした。

それでは、心に割礼を受けるということはどういうことでしょうか?まず、割礼の意味は、神様に区別することです。主のために使う目的で取っておくことです。他の目的には利用しないことです。心に割礼を受けるということは、心を神様の目的のために区別することです。神様の目的のためにだけ使うことです。

心は深くて図ることができないほどです。自分の心も自分が知らないほど複雑で理解しにくいこともあります。しかし、心には欲望というものもあり、なおさら、複雑になっています。欲望は自分の限界を超えると罪につながります。しかし、主のために聖別すると良い目的に使われます。

心に割礼を受けることは、自分のために何かを求めるところから、神様の目的のためにだけ、自分の心を使うことです。他人をために自分の心を使うことは、神様の御心を適うためであります。なぜなら、神様がすべての人を愛されたからです。その愛の思いを心にとめて、自分の心を神様の気持ちになることこそ、心に割礼を受けた人がすべきことです。

今自分の心を神様に合わせて自分の欲望ではなく、神様の御心を行うように清められた願いことをもって、主に心を使うことが「心に割礼を受ける」ことです。

主のために自分の心を使うのはいかがでしょうか?

ゴスペルハウス
アブラハム・リー



44:1 それから、彼はわたしを東に面した聖所の外の門の方へ連れ戻した。門は閉じられていた。
44:2 主はわたしに言われた。「この門は閉じられたままにしておく。開いてはならない。だれもここを通ってはならない。イスラエルの神、主がここから入られたからである。それゆえ、閉じられたままにしておく。
44:3 しかし君主(Prince)だけは、ここに君主として座り、主の前で食物を食べてもよい。ただし門の廊から入り、またそこから出て行かなければならない。」
44:4 それから、彼はわたしを北の門を通って神殿の前に連れて行った。わたしが見ると、主の栄光が主の神殿を満たしていた。わたしはひれ伏した。
44:5 主はわたしに言われた。「人の子よ、わたしがあなたに、主の神殿に関して語るすべてのこと、そのすべての掟とすべての律法に心を留め、自分の目で見、自分の耳で聞きなさい。特に、神殿に入ってよい者と、聖所から排除すべき者すべてに注意しなさい。
44:6 それから、反逆する者であるイスラエルの家に向かって言いなさい。主なる神はこう言われる。イスラエルの家よ、お前たちのすべての忌まわしい行いは既に十分である。
44:7 お前たちは心に割礼を受けず、体にも割礼を受けていない外国人を、わたしの聖所の中に引き入れてとどまらせ、彼らにわたしの食物として脂身と血をささげさせ、わたしの神殿を汚し、すべての忌まわしい行いによってわたしの契約を破った
44:8 お前たちはわたしの聖所の務めを守らず、お前たちの代わりに外国人をわたしの聖所で務めを行う者にした。
44:9 主なる神はこう言われる。心に割礼を受けず、体にも割礼を受けていないすべての外国人、すなわちイスラエルの子らの中に住んでいるすべての外国人は、わたしの聖所に入ってはならない
44:10 レビ人は、イスラエルが迷ったとき、わたしから離れて偶像に従い迷ったので、その罪を負わねばならない。
44:11 彼らはわたしの聖所で奉仕するが、神殿のそれぞれの門に詰めて神殿の雑務を行う彼らは、民のために焼き尽くす献げ物と会食の献げ物の動物を屠り、民の前で彼らに仕える
44:12 彼らは民の偶像礼拝を助け、イスラエルの家のつまずきとし、罪を犯させたからである。それゆえ、わたしは手を上げて誓う、と主なる神は言われる。彼らは自分の罪を負わねばならない
44:13 彼らは、祭司としてわたしに仕えるために近づくことはできない。また、最も神聖な、わたしの聖なるいかなるものにも触れることはできない。彼らは自分の犯した恥ずべきこと、忌まわしいことの責任を負わねばならない
44:14 わたしは、彼らを神殿の雑務を行う者とし、神殿で行われるさまざまな仕事を与える
44:15 イスラエルの子らが迷って、わたしから離れたとき、わたしの聖所の務めを守ったレビ人の祭司であるツァドクの子孫は、わたしに近づき仕えることができる。彼らはわたしの前に立って、脂肪と血をささげねばならない、と主なる神は言われる。
44:16 彼らはわたしの聖所に入ることができる。彼らはわたしの聖卓に近づいて、わたしに仕え、務めを行う。
44:17 彼らが内庭の門に入るときは、亜麻布の衣服を着なければならない。内庭の門と神殿で仕えるときは、羊毛のものを身に着けてはならない
44:18 頭には亜麻布のターバンをかぶり、腰には亜麻布の短いズボンをはかねばならない汗が出るようなものを着てはならない
44:19 彼らが民のいる外庭に出て行くときは、務めを行うときに着用した衣服を脱ぎ、神聖な部屋に置き、別の衣服を着なければならない彼らがその衣服で民に神聖さを移すことがないためである
44:20 祭司は頭をそってはならない。また髪を伸ばしてはならない頭髪はきちんと刈り込んでおかねばならない
44:21 祭司はだれでも、内庭に入るとき、ぶどう酒を飲んでいてはならない
44:22 彼らは、寡婦や離婚された女を妻にめとってはならないイスラエルの家の血筋を引く処女をめとらねばならない。しかし、祭司の妻で寡婦になった者は、めとってもよい。
44:23 彼らは、わたしの民に聖と俗の区別を示し、また、汚れたものと清いものの区別を教えねばならない。
44:24 争いのあるときは、彼らが裁く者として臨み、わたしの裁きによって裁かねばならない彼らは、わたしが定めたすべての祝祭日に、わたしの律法と掟を守らねばならないまた、わたしの安息日を聖別しなければならない
44:25 祭司は、死人の出た家に入って自分の身を汚してはならないただし父、母、息子、娘、兄弟、および未婚の姉妹の場合は、身を汚してもよい
44:26 祭司は、身を清めたのち、七日間、待たねばならない
44:27 再び聖所で仕えるために、聖所の内庭に入る日には、贖罪の献げ物をささげねばならない、と主なる神は言われる
44:28 彼らは嗣業を持たないわたしが彼らの嗣業であるあなたたちはイスラエルにおいて彼らに財産を与えてはならない。わたしが彼らの財産である
44:29 彼らは穀物の献げ物、贖罪の献げ物、賠償の献げ物としてささげられたものを食べることができるイスラエルにおいてささげられたものは、ことごとく彼らに与えられる
44:30 あらゆる初物の献げ物の中で最良のものはすべて、また、あなたたちがささげるすべてのものの中で最良の献げ物はすべて、祭司のものとなるあなたたちが初物の麦粉で作ったものも祭司に与えねばならないあなたたちの家に祝福をもたらすためである
44:31 祭司は、鳥でも獣でも、自然に死んだものにせよ、かみ殺されたものにせよ、すべて死んでいたものを食べてはならない。」

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1