イザヤ6章 わたしがここにおります。わたしを遣わしてください

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

イザヤ6章 わたしがここにおります。わたしを遣わしてください

boat

預言者イザヤの時代は、イスラエルは神様に従うより、異邦の神々の偶像礼拝をしていました。そのため、神様はイスラエルに災いを与えました。

ウジヤ王は、52年間の王として働きましたが、初めは主に従っていたのですが、道中から高慢になり、祭司だけが捧げられる役目を自分で行う最中、突然、らい病にかかり、残りの人生を離れた場所で過ごしていました。そして、52年を終え、葬られました。

その年、神様はイザヤを遣わし、イスラエルに神様のメッセージを送るようになりました。その前に、イザヤを清められました。火により、口を清められ、語る言葉が人間の言葉ではなく、神様の言葉を語るようにしました。

時代の背景から見ると、王が主から離れたこともあり、一般の住民も神様から離れた生活をしていました。その状態にいるイスラエルに向かって、イザヤは、神様からの言葉を語る人となりました。

神様は、その時、 「誰を遣わすべきか。誰が我々に代わって行くだろうか。」と聞きました。それに対して、イザヤは、「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。」と答えました。

今の時代にも、神様を慕い求める人は少ないのです。また、ある面、日本の現状は、イザヤの時代に似ています。その時、もし、神様が誰を使わすか?という質問が自分にあったとしたら、私は、答えたいです。「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。」と。
天地を創られた神様だけを神として受け入れ、その神様に使わされることは、私の喜びです。主が共にいる人生こそが、生きる最高の意味があるからです。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー 

 

6:1 ウジヤ王が死んだ年のことである。わたしは、高く天にある御座に主が座しておられるのを見た。衣の裾(きょ)は神殿いっぱいに広がっていた。

6:2 上の方にはセラフィムがいて、それぞれ六つの翼を持ち二つをもって顔を覆い二つをもって足を覆い二つをもって飛び交っていた

6:3 彼らは互いに呼び交わし、唱えた。「聖なる、聖なる、聖なる万軍の主。主の栄光は、地をすべて覆う。」

6:4 この呼び交わす声によって、神殿の入り口の敷居は揺れ動き、神殿は煙に満たされた

6:5 わたしは言った。「災いだ。わたしは滅ぼされる。わたしは汚れた唇の者。汚れた唇の民の中に住む者。しかも、わたしの目は/王なる万軍の主を仰ぎ見た。

6:6 するとセラフィムのひとりが、わたしのところに飛んで来た。その手には祭壇から火鋏で取った炭火があった。

6:7 彼はわたしの口に火を触れさせて言った。「見よ、これがあなたの唇に触れたので/あなたの咎は取り去られ、罪は赦された。」

6:8 そのとき、わたしは主の御声を聞いた。「誰を遣わすべきか。誰が我々に代わって行くだろうか。」わたしは言った。「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。」

6:9 主は言われた。「行け、この民に言うがよい/よく聞け、しかし理解するな/よく見よ、しかし悟るな、と。

6:10 この民の心をかたくなにし/耳を鈍く、目を暗くせよ。目で見ることなく、耳で聞くことなく/その心で理解することなく/悔い改めていやされることのないために。

6:11 わたしは言った。「主よ、いつまででしょうか。」主は答えられた。「町々が崩れ去って、住む者もなく/家々には人影もなく/大地が荒廃して崩れ去るときまで。」

6:12 主は人を遠くへ移される国の中央にすら見捨てられたところが多くなる

6:13 なお、そこに十分の一が残るが/それも焼き尽くされる。切り倒されたテレビンの木、樫の木のように。しかし、それでも切り株が残るその切り株とは聖なる種子である

 

 

 

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1