イザヤ14章 高慢は破滅の前兆

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

イザヤ14章 高慢は破滅の前兆

destruction-of-roman-empire

箴言16:18 高ぶりは破滅に先立ち、心の高慢は倒れに先立つ。

歴史最大の強大国であるローマ帝国は、その栄光や力を輝く時代がありました。しかし、自分の力などに心が高ぶり、高慢になった時、ローマ帝国も滅びにいたりました。

バビロンについても、同じことです。自分の達成したことが自分の力や知恵によって出来たかのように、心が高ぶる時、神様は、彼らをすでに滅ぼすことをお決めになりました。バビロンは、イスラエルを倒しましたが、イスラエルが郡主になりました。

毎日の生活に、高慢が私達に与える大きな影響は、謙ることを知らず、常に裁きの相手となります。

神様がそこに立って正しく裁かれます。

私の恐るべき相手は、裁き主である、天地創造の神様です。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

14:1 まことに、主はヤコブを憐れみ/再びイスラエルを選び/彼らの土地に置いてくださる寄留の民は彼らに加わり/ヤコブの家に結び付く

14:2 もろもろの民は、彼らをその土地に連れて来るが、イスラエルの家は、主の土地で、もろもろの民を男女の奴隷にして自分のものとするかつて、彼らを捕囚とした者が、かえって彼らの捕囚となり、かつて、彼らを虐げた者が彼らに支配される。(逆転勝利)

14:3 主が、あなたに負わせられた苦痛と悩みと厳しい労役から、あなたを解き放たれる日が来る。

14:4 そのとき、あなたはバビロンの王に対して、この嘲りの歌をうたう。ああ、虐げる者は滅び/その抑圧は終わった

14:5 主は、逆らう者の杖と/支配者の鞭を折られた

14:6 かつて、彼らは激怒して諸民族を撃ち/撃って、とどまることを知らなかった。また、怒って諸国民を支配し/仮借なく踏みにじった。

14:7 しかし今、全世界は安らかに憩い/喜びの声を放つ

14:8 糸杉もレバノン杉も/お前のことで喜ぶ。「ついに、お前が倒れたから/もはや、切り倒す者が/我々に向かって来ることはない。」

14:9 地下では、陰府が騒ぎを起こす/お前が来るのを迎えて。そして、亡霊たちを呼び覚ます/地上では、すべてつわものであった者らを。また、その王座から立ち上がらせる/諸国の王であった者らを皆。

14:10 彼らはこぞってお前を迎え、そして言う。「お前も我々のように無力にされた。お前も我々と同じようになった。」

14:11 お前の高ぶりは、琴の響きと共に/陰府に落ちた。蛆がお前の下に寝床となり/虫がお前を覆う。

14:12 ああ、お前は天から落ちた/明けの明星、曙の子よ。お前は地に投げ落とされた/もろもろの国を倒した者よ

14:13 かつて、お前は心に思った。「わたしは天に上り/王座を神の星よりも高く据え/神々の集う北の果ての山に座し

14:14 雲の頂に登って/いと高き者のようになろう」と。

14:15 しかし、お前は陰府に落とされた/墓穴の底に

14:16 お前を見る者は、まじまじと見つめ/お前であることを知って、言う。「これがかつて、地を騒がせ/国々を揺るがせ

14:17 世界を荒れ野とし/その町々を破壊し/捕らわれ人を解き放たず/故郷に帰らせなかった者か。」

14:18 国々の王は皆、それぞれの墓に/礼を尽くして葬られる。

14:19 しかし、お前は墓の外に投げ捨てられる/忌むべきものとされた水子のように。剣で刺された者、殺された者に囲まれ/陰府の底まで下って行く/踏みつけられた死体のように。

14:20 お前は、自分の国を滅ぼし/自分の民を殺したので/彼らと共には葬られない。悪を行う者たちの末は/永遠に、その名を呼ばれることはない。

14:21 彼らの先祖の咎のゆえに/その子孫のために、屠り場を備えよ。再び、彼らが立ち上がって、世界を奪い/地の表を町々で満たすことがないように。

14:22 「わたしは、彼らに立ち向かう」と/万軍の主は言われる。「バビロンから、その名も、名残も/子孫も末裔も、すべて断ち滅ぼす」と/主は言われる。

14:23 また、「都を山あらしの住みか、沼地とし/滅びの箒で、掃き清める」と/万軍の主は言われる。

14:24 万軍の主は誓って言われる。「わたしが計ることは必ず成り/わたしが定めることは必ず実現する。

14:25 わたしの領土で、アッシリアを滅ぼし/わたしの山々で彼らを踏みにじる。その軛は、わが民から取り去られ/その重荷は、肩からはずされる。」

14:26 これこそ、全世界に対して定められた計画/すべての国に伸ばされた御手の業である

14:27 万軍の主が定められれば/誰がそれをとどめえよう。その御手が伸ばされれば/誰が引き戻しえよう。

14:28 アハズ王の死んだ年のことである。この託宣が臨んだ。

14:29 「ペリシテの民よ、だれも喜んではならない/お前を打った鞭が折られたからといって。蛇の根から蝮が出る。その子は炎のように飛び回る。」

14:30 乏しい者も、糧を得/貧しい者も、安らかに伏す。「わたしは、飢えによってお前の根を断ち/お前の残りの者を殺す。

14:31 門よ、泣き叫べ、町よ、助けを求めよ/ペリシテの民は、皆、おののけ/北から、砂煙を上げて来る者があるからだ。その隊列から落伍する者はひとりもない。」

14:32 異国の使者たちに、何と答えるべきか。「シオンの基を据えられたのは主である。苦しむ民は、そこに身を寄せる」と答えよ。

 

 

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1