イザヤ17章 その日には、人は造り主を仰ぎ、その目をイスラエルの聖なる方に注ぐ

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

イザヤ17章 その日には、人は造り主を仰ぎ、その目をイスラエルの聖なる方に注ぐ

damascus-old-city

ダマスコが聖書に登場する最初の場所は、創世記14章です。起源13世紀から紹介された町です。新約聖書では、使徒パウロが海外宣教に行こうとして、アジアへ行く予定をしていましたが、神様の幻で、ダマスコの人がパウロを呼んでいると言うことから、ヨーロッパへ福音が流れていきました。

ダマスコに対する神様の裁きは、激しいものでした。その理由が少しここに紹介されています。

17:10 お前は救い主である神を忘れ去り/砦と頼む岩を心に留めていない

ここから見ると、ダマスコの人々の心が神様から離れて、異邦の神々を拝むようになっていたからだと思われます。

一つの町や国が滅ぼされることも、神様の一言で行われます。

自分が今、生きていることが奇跡です。感謝のことです。また、今自分が持っている全てが神様からの賜物です。それを満足し、感謝し続けることが自分にとって、幸いを得ることです。

今日与えら得たことを感謝を持って行いたいと思います。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

 

17:1 ダマスコについての託宣。「見よ、ダマスコは都の面影を失い/瓦礫の山となる。

17:2 アロエルの町々は見捨てられ/家畜の群れが伏し、脅かすものもない

17:3 エフライムからは砦が/ダマスコからは王権が絶える。アラムに残るものは/イスラエルの人々の栄光のようになる」と/万軍の主は言われる。

17:4 「その日が来れば、ヤコブの力は弱まり/その肥えた肉はやせ衰える。

17:5 刈り入れる者の集めた立ち枯れの穂/その腕に集めた落ち穂/レファイムの谷で拾った落ち穂のようになる

17:6 摘み残りしかないのに/オリーブの木を打つようなものだ梢の方に二つ三つの実/豊かに実っている枝でも、四つ五つ」と/イスラエルの神、主は言われる。

17:7 その日には、人は造り主を仰ぎ、その目をイスラエルの聖なる方に注ぐ

17:8 もはや、自分の手が作り、自分の指が作った祭壇を仰ぐことなく、アシェラの柱や香炉台を見ようとはしない

17:9 その日には、彼らの砦の町々は、イスラエルの人々によって見捨てられた木の枝や梢のように、捨てられて廃虚となる

17:10 お前は救い主である神を忘れ去り/砦と頼む岩を心に留めていない。それなら、お前の好む神々にささげる園を造り/異教の神にささげるぶどうの枝を根付かせてみよ。

17:11 ある日、園を造り、成長させ/ある朝、種を蒔き、芽生えさせてみても/ある日、病といやし難い痛みが臨み/収穫は消えうせる

17:12 災いだ、多くの民がどよめく/どよめく海のどよめきのように。国々が騒ぎ立つ/騒ぎ立つ大水の騒ぎのように。

17:13 国々は、多くの水が騒ぐように騒ぎ立つだが、主が叱咤されると彼らは遠くへ逃げる/山の上で、もみ殻が大風に/枯れ葉がつむじ風に追われるように。

17:14 夕べには、見よ、破滅が襲い/夜の明ける前に消えうせるこれが我々を略奪する者の受ける分/我々を強奪する者の運命だ

 

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1