エレミヤ26章 主を畏れ、その恵みを祈り求める

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

エレミヤ26章 主を畏れ、その恵みを祈り求める

new-leaf

預言者エレミヤに、神様は、イスラエルの全ての民に向かってメッセージを語るように命じられました。

場所は、神殿でした。神殿は、宗教の中心地でもあり、神様のことを考える場所でもありました。しかし、イスラエルは、神様の言葉に耳を傾けませんでした。そこで、エレミヤは、政治家や宗教のリーダーたち、そして、全ての民の前に、次のことを語りました。

26:2 「主はこう言われる。主の神殿の庭に立って語れ。ユダの町々から礼拝のために主の神殿に来るすべての者に向かって語るように、わたしが命じるこれらの言葉をすべて語れ。ひと言も減らしてはならない。
26:3 彼らが聞いて、それぞれ悪の道から立ち帰るかもしれない。そうすれば、わたしは彼らの悪のゆえにくだそうと考えている災いを思い直す。
26:4 彼らに向かって言え。主はこう言われる。もし、お前たちがわたしに聞き従わず、わたしが与えた律法に従って歩まず、
26:5 倦むことなく遣わしたわたしの僕である預言者たちの言葉に聞き従わないならば――お前たちは聞き従わなかったが――
26:6 わたしはこの神殿をシロのようにし、この都を地上のすべての国々の呪いの的とする。」

これが語られたとき、宗教指導者たちは、エレミヤが死刑に当たると攻め立てました。しかし、宗教家や市民は、彼は、死に当たることはしていないと言う二つの意見がありました。そこで、長老たちは、以前あった歴史の内容を持ち出して、ミカという預言者がユダの王ヒゼキヤとイスラエルに対する予言が語られた時、ヒゼキヤ王は、神を畏れ、謙った時、その災いが変わり、祝福となったことを語りました。

そして、エレミヤを殺そうとしている宗教家達から守ろうとする人もいました。無罪の血が流さないためでした。

ここで、一つの原則があります。神様の言葉が与えられる時、神様を畏れ、謙り、語られた言葉を受け入れ、神様に求めることさえすれば、神様は、災いを思い直すことです。

悔い改めることから、災いから幸いへ変わります。心を硬くしてはなりません。そして、神様の語る言葉に耳を傾け、聞き従うことです。そこに、幸いがあります。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

 

26:1 ユダの王、ヨシヤの子ヨヤキムの治世の初めに、主からこの言葉がエレミヤに臨んだ。
26:2 「主はこう言われる。主の神殿の庭に立って語れ。ユダの町々から礼拝のために主の神殿に来るすべての者に向かって語るように、わたしが命じるこれらの言葉をすべて語れ。ひと言も減らしてはならない。
26:3 彼らが聞いて、それぞれ悪の道から立ち帰るかもしれない。そうすれば、わたしは彼らの悪のゆえにくだそうと考えている災いを思い直す
26:4 彼らに向かって言え。主はこう言われる。もし、お前たちがわたしに聞き従わず、わたしが与えた律法に従って歩まず、
26:5 倦むことなく遣わしたわたしの僕である預言者たちの言葉に聞き従わないならば――お前たちは聞き従わなかったが――
26:6 わたしはこの神殿をシロのようにし、この都を地上のすべての国々の呪いの的とする。」
26:7 祭司と預言者たちとすべての民は、エレミヤが主の神殿でこれらの言葉を語るのを聞いた。
26:8 エレミヤが、民のすべての者に語るように主に命じられたことを語り終えると、祭司と預言者たちと民のすべては、彼を捕らえて言った。「あなたは死刑に処せられねばならない
26:9 なぜ、あなたは主の名によって預言し、『この神殿はシロのようになり、この都は荒れ果てて、住む者もなくなる』と言ったのか」と。すべての民は主の神殿でエレミヤのまわりに集まった。
26:10 ユダの高官たちはこれらの言葉を聞き、王の宮殿から主の神殿に上って来て、主の神殿の新しい門の前で裁きの座に着いた。
26:11 祭司と預言者たちは、高官たちと民のすべての者に向かって言った。「この人の罪は死に当たります。彼は、あなたがた自身が聞かれたように、この都に敵対する預言をしました。
26:12 エレミヤは高官たちと民のすべての者に向かって言った。「主がわたしを遣わされ、お前たちが聞いたすべての言葉をこの神殿とこの都に対して預言させられたのだ。
26:13 今こそ、お前たちは自分の道と行いを正し、お前たちの神、主の声に聞き従わねばならない。主はこのように告げられた災いを思い直されるかもしれない。
26:14 わたしはお前たちの手中にある。お前たちの目に正しく、善いと思われることをするがよい。
26:15 ただ、よく覚えておくがよい、わたしを殺せば、お前たち自身と、この都とその住民の上に、無実の者の血を流した罪を招くということを。確かに、主がわたしを遣わし、これらのすべての言葉をお前たちの耳に告げさせられたのだから。
26:16 高官たちと民のすべての者は、祭司と預言者たちに向かって言った。「この人には死に当たる罪はない。彼は我々の神、主の名によって語ったのだ。」
26:17 この地の長老が数人立ち上がり、民の全会衆に向かって言った
26:18 「モレシェトの人ミカはユダの王ヒゼキヤの時代に、ユダのすべての民に預言して言った。『万軍の主はこう言われる。シオンは耕されて畑となり/エルサレムは石塚に変わり/神殿の山は木の生い茂る丘となる』と。
26:19 ユダの王ヒゼキヤユダのすべての人々は、彼を殺したであろうか。主を畏れ、その恵みを祈り求めたので、主は彼らに告げた災いを思い直されたではないか我々は自分の上に大きな災いをもたらそうとしている。」
26:20 主の名によって預言していた人がもうひとりいた。それは、キルヤト・エアリムの人、シェマヤの子ウリヤである。彼はこの都とこの国に対して、エレミヤの言葉と全く同じような預言をしていた
26:21 ヨヤキム王は、すべての武将と高官たちと共に彼の言葉を聞き、彼を殺そうとした。ウリヤはこれを聞いて、恐れ、逃れて、エジプトに行った
26:22 ヨヤキム王はアクボルの子エルナタンを、数人の者と共にエジプトに遣わした。
26:23 ウリヤはエジプトから連れ戻され、ヨヤキム王の前に引き出された。王は彼を剣で撃ち、その死体を共同墓地へ捨てさせた。
26:24 しかし、シャファンの子アヒカムはエレミヤを保護し、民の手に落ちて殺されることのないようにした。

 

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1