申命記2章 神様が定めた土地と境界線

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 

申命記2章 神様が定めた土地と境界線

ジェリコ

要約: 神様の導きによって向きを変えて、川に向かって行った。エサウの子孫の土地やロトの子孫たちの地は与えないで、彼らに与えられた地は、具体的に境界線が決まってあった。但し、ヘシュボンの地を与えられた。その戦いで、すべてを占領することとなった。

受け取った内容: 神様は、エサウやロトにもその受け取る土地と境界線を与えていた。モーセは、神様の指示に従って歩みました。また、禁じられたことは、ちゃんと守りました。

自分の生活に実行したいこと: すべての動きは、神様の指示に従ったものであった。犯してはならない地域をちゃんと守り、自分に与えられたところを占領し、また、与えられた境界線を守り続けることである。

感想: すべての行動は、決断が要する。その決断の一つ一つには、神様との会話の中で受け取った神様の御声に従うことであった。また、細かい指示もあり、境界線がはっきりとされてある。もし、自分がその立場であったとしたら、自分は、どのように神様と会話をしていただろうか?自分の祈りの生活にも、細かな会話を進めたい。そして、自分の境界線、つまり、どこまで自分がするかを知り、それをなし通すことをチャレンジしたいと思った。与えられたことは、主が必ず伴いますから、そこには、失敗が無いだろう。するとしたら、まず、すべての行動の前に、しっかりした神様との関係を保ち、その中から聞かれたことを充実に行うことが先決であろう。そうでないと、失敗は保障される。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

2:1 我々は向きを変え、主がわたしに告げられたように、葦の海の道を通って荒れ野に向かって行き、長い間セイルの山地を巡った。
2:2 主はわたしに言われた。
2:3 「あなたたちは既に久しくこの山地を巡った北に向かって行きなさい
2:4 あなたは民にこう命じなさいあなたたちはこれから、セイルに住む親族エサウの子孫の領内を通る。彼らはあなたたちに恐れを抱いているから、よく気をつけなさい
2:5 彼らに戦いを挑んではならない。彼らの土地は、足の裏で踏めるほどのものでもあなたたちには与えない。セイルの山地は既にエサウの領地として与えた
2:6 食物は彼らから金を払って買って食べ水も彼らから金を払って買い、飲むようにしなさい。」
2:7 あなたの神、主は、あなたの手の業をすべて祝福し、この広大な荒れ野の旅路を守り、この四十年の間、あなたの神、主はあなたと共におられたので、あなたは何一つ不足しなかった
2:8 我々はセイルに住む親族エサウの子孫を離れ、エイラトとエツヨン・ゲベルからアラバを走る道を避けて向きを変え、モアブの荒れ野に通ずる道を通った。
2:9 主はわたしに言われた。「モアブを敵とし、彼らに戦いを挑んではならない。わたしはその土地を領地としてあなたには与えない。アルの町は既にロトの子孫に領地として与えた。――
2:10 かつて、そこにはエミム人が住んでいた。強力で数も多く、アナク人のように背の高い民であった。
2:11 彼らもアナク人と同様に、レファイム人であると見なされているが、モアブの人々は彼らをエミム人と呼んでいた。
2:12 セイルには、かつてフリ人が住んでいたが、エサウの子孫は彼らを追い払って滅ぼし、代わってそこに住んだ。これは、イスラエルが主から与えられた領地を手に入れたのと同様であった。――
2:13 さあ、立ち上がって、ゼレド川を渡りなさい。」我々はゼレド川を渡ったが、
2:14 カデシュ・バルネアを出発してからゼレド川を渡るまで、三十八年かかった。その間に、主が彼らに誓われたとおり、前の世代の戦闘員は陣営に一人もいなくなった
2:15 主の御手が彼らに向けられ、陣営に混乱が引き起こされ、彼らは死に絶えたのである
2:16 戦闘員がこうして皆、民の中から死に絶えた後
2:17 主はわたしに仰せになった。
2:18 「あなたは、今日、モアブ領アルを通り
2:19 アンモンの人々のいる所に近づくが、彼らを敵とし、彼らに戦いを挑んではならないわたしはアンモンの人々の土地を領地としてあなたには与えないそれは既にロトの子孫に領地として与えた。」――
2:20 ここも、レファイム人の土地と見なされている。レファイム人はかつてここに住んでいた。アンモン人は彼らをザムズミム人と呼んでいた。
2:21 彼らは強力で数も多く、アナク人のように背が高い民であったが、主が彼らを滅ぼされたので、アンモン人は彼らを追い払い、代わってそこに住んだ。
2:22 それは、セイルに住んでいるエサウの子孫のために主がなさったことと同様である。主は彼らの前からフリ人を滅ぼされたので、エサウの子孫は彼らを追い払い、代わってそこに住み、今日に至っている
2:23 また、カフトル島から来たカフトル人はガザとその近くの村落に住んでいたアビム人を滅ぼし、代わってそこに住んだ。――
2:24 「立ち上がって進み、アルノン川を渡りなさい見よ、わたしはヘシュボンの王アモリ人シホンとその国をあなたの手に渡したシホンに戦いを挑み、占領を開始せよ
2:25 今日わたしは天下の諸国民があなたに脅威と恐れを抱くようにする。彼らはあなたのうわさを聞いて、震えおののくであろう。」
2:26 わたしは、まずケデモトの荒れ野からヘシュボンの王シホンのもとに友好使節を送って、こう述べさせた。
2:27 「領内を通過させてください。右にも左にもそれることなく、公道だけを通ります。
2:28 食物は金を払いますから、売って食べさせ、水も金を払いますから、飲ませてください。徒歩で通過させてくださればよいのです。
2:29 セイルに住むエサウの子孫やアルに住むモアブ人が許可してくれたように、ヨルダン川を渡って、わたしたちの神、主が与えてくださる土地に行かせてください。」
2:30 しかし、ヘシュボンの王シホンは我々が通過することを許さなかったあなたの神、主が彼の心をかたくなにし、強情にしたからである。それは今日、彼をあなたの手に渡すためであった
2:31 主はわたしに言われた。「見よ、わたしはあなたにシホンとその国を与える。それを取るために占領を開始せよ。」
2:32 シホンは全軍を率いて出撃し、ヤハツで我々を迎え撃とうとしたが、
2:33 我々の神、主が彼を我々に渡されたので、我々はシホンとその子らを含む全軍を撃ち破った
2:34 我々は町を一つ残らず占領し、町全体、男も女も子供も滅ぼし尽くして一人も残さず、
2:35 家畜だけを略奪した。それだけが、我々の占領した町々の戦利品であった
2:36 川沿いの町、すなわちアルノン河畔のアロエルからギレアドに至るまで、我々の手に陥らなかった町は一つもなかったそのすべてを我々の神、主は我々に与えられた
2:37 ただし我々の神、主が禁じられたアンモンの人々の領地、すなわちヤボク川沿いの全域と山地の町々に、あなたは近づかなかった

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1