創世記29、30章 ヤコブの子供たち

投稿者: サムエル・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

ヤコブの子供たち

 

今日の礼拝で僕は、ヤコブの子供たちについて詳しくわかりました。

今日読んだ聖書箇所は、創世記2930章です。

 

ヤコブはラケルのためにラバンに7年仕えましたが、ラケルはその姉レアをヤコブに

妻として与えました。しかし、ヤコブはレアよりもラケルを愛していたので、

もう7年ラバンに仕えてラケルを妻としました。レアとラケルにはそれぞれ女奴隷がいて、

レアにはジルパ、ラケルにはビルハがいました。そして最初の妻、レアが男の子を産みました。創世記29:31では「主はレアがきらわれてるのをご覧になって、彼女の胎を開かれた。しかしラケルは不妊の女であった。」と書かれてあります。

そして最初の子、ルベンが生まれ、そして2番目にシメオンが生まれ、

3番目にレビが生まれ、4番目にレビが生まれました。

それからレアは子を産まなくなりました。そ して、姉にたくさん子供が生まれて姉を嫉妬していたラケルが自分が子を産めないのを悟り、自分の女奴隷ビルハを妻としてヤコブに与えました。ビルハは男の 子を産み、その名をダンと名づけました。またビルハは男の子を産み、その名をナフタリと名づけました。しかし、レアも子を産まなくなってしまったので、そ の女奴隷ジルパをヤコブに妻として与えました。そして、ジルパは男の子を産み、

その名をガドと名づけました。またジルパは男の子を産み、その名をアシェルと名づけました。レアは子を産めなくなりましたが、創世記30:17「神はレアの願いを聞かれたので、彼女はみごもって、ヤコブに五番目の男の子を産んだ。」とあるように、

レアは男の子を産み、その名をイッサカルと名づけました。またレアは男の子を産み、その名をゼブルンと名づけました。また、レアはディナと言う女の子も産みました。

ラケルもまた子を産みました。創世記30:22では、「神はラケルを覚えておられた。神は彼女の願いを聞き入れてその胎を開かれた。」と書かれてあります。それで、ラケルはヨセフを産みました。このヨセフが、父、ヤコブに一番愛された子です。そして最後にラケルは男の子を産み、その名をベニヤミンと名づけました。

そして、今日わかったことは、神様は時にかなって物事を行われる。ということと、
ヨセフとその兄弟たちとの違いは、夢を見るか見ないかによって決まる。ということでした。
今時の日本人は、「将来の夢は?」と聞かれると、「わかんなーい。」とか、「流れのままに・・・。」
とか言っていますが、そのような志では、誰も神様に使えられないと思うし、若いときからそのようなことを決めておかなきゃ、もう遅くなるなーと思いまし た。だから神様に、destiny and   vision,dream(夢と幻)を求めました。今月もそのことを求めていきたいと思いました。

                       サムエル・リー               07.12.2

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1