レビ記1章 全焼のいけにえは、私たちを全て捧げることです。

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

レビ記1章

全焼のいけにえ

全焼のいけにえ

全焼のいけにえにささげられるものは、動物でありました。牛、羊、ヤギ、鳥がささげられました。これは、貧富のさにかかわらず同じ効果のあるようにしていました。神様は、どんな人にも公平的にささげものを受け入れます。

傷のないものでなくてはいけません。これは、完全な赦しのためです。

全焼のいけにえの頭に手を置くことで、その人の変わりに受け入れられるためです。つまり、私たちの罪のために、動物へ手を置くことで、その人の罪の結果を動物が変わりに受けこととなります。これは、神様の決まりであり、新しい約束の地での生活の標準となりました。

その全焼のいけにえからは、血を祭壇の回りに、その血を注ぎかけます。それは、その祭壇で火で焼かなくてはいけないことで、完全にその罪の結果がなくなることを意味しています。(完全な罪の赦し)

頭と脂肪を祭壇の上に焼きます。頭は、私たちの考え方をなくすことと脂肪は、自我のことを主の前になくすことを意味します。

内臓と足は、水で洗わなければならないです。これは、私たちの心を清めることと自分を無にすることであり、足を洗うのは、自分が犯した行動の罪(考えや感情の罪と比べて)を悔い改めることを意味しています。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

1:1 主はモーセを呼び寄せ、会見の天幕から彼に告げて仰せられた。
1:2 「イスラエル人に告げて言え。もし、あなたがたが主にささげ物をささげるときは、だれでも、家畜の中からをそのささげ物としてささげなければならない
1:3 もしそのささげ物が、牛の全焼のいけにえであれば、傷のない雄牛をささげなければならない。それを、主に受け入れられるために会見の天幕の入口の所に連れて来なければならない。
1:4 その人は、全焼のいけにえの頭の上に手を置く。それが彼を贖うため、彼の代わりに受け入れられるためである
1:5 その人は主の前で、その若い牛をほふり、祭司であるアロンの子らは、そのを持って行って、会見の天幕の入口にある祭壇の回りに、その血を注ぎかけなさい
1:6 また、その全焼のいけにえの皮をはぎいけにえを部分に切り分けなさい
1:7 祭司であるアロンの子らは祭壇の上に火を置き、その火の上にたきぎを整えなさい。
1:8 祭司であるアロンの子らは、その切り分けた部分と、と、脂肪とを祭壇の上にある火の上のたきぎの上に整えなさい。
1:9 内臓は、その人が水で洗わなければならない。祭司はこれら全部を祭壇の上で全焼のいけにえとして焼いて煙にする。これは、主へのなだめのかおりの火によるささげ物である
1:10 しかし、もし全焼のいけにえのためのささげ物が、羊の群れ、すなわち子羊またはやぎの中からなら、傷のない雄でなければならない。
1:11 その人は祭壇の北側で、主の前にこれをほふりなさい。そして祭司であるアロンの子らは、その祭壇の回りに注ぎかけなさい
1:12 また、その人はそれを部分に切り分け、祭司はこれを脂肪に添えて祭壇の上にある火の上のたきぎの上に整えなさい。
1:13 内臓は、その人が水で洗わなければならない。こうして祭司はそれら全部をささげ、祭壇の上で焼いて煙にしなさい。これは全焼のいけにえであり、主へのなだめのかおりの火によるささげ物である。
1:14 もしその人の主へのささげ物が、の全焼のいけにえであるなら、山鳩または家鳩ひなの中から、そのささげ物をささげなければならない。
1:15 祭司は、それを祭壇のところに持って来て、その頭をひねり裂き、祭壇の上でそれを焼いて煙にしなさい。ただし、その祭壇の側面に絞り出す
1:16 またその汚物のはいった餌袋を取り除き、祭壇の東側の灰捨て場に投げ捨てなさい
1:17 さらに、その翼を引き裂きなさい。それを切り離してはならない。そして、祭司はそれを祭壇の上、火の上にあるたきぎの上で焼いて煙にしなさい。これは全焼のいけにえであり、主へのなだめのかおりの火によるささげ物である。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1