レビ記12章 神様は、私たちの体の状態だけではなく、精神的な面においても、ケアーして下さる

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

レビ記12章 神様は、私たちの体の状態だけではなく、精神的な面においても、ケアーして下さる

妊娠

女性が赤ちゃんを産んだときに、神様は、その後、約1-2ヶ月を休みの時として与えられています。男の子を産んだ場合、33日を休み、女の子を産んだ場合、66日間休みます。多分、女の子を産んだときには、精神的な安静がもっと必要であったと思いました。それは、当時は、男の子を欲しがる文化があったためだと思います。つまり、男の子を生みたい願いがあったのに、それが適えられなかった時のショックを回復するまでの時間でないかな?と思いました。

神様は、私たちの体の状態だけではなく、精神的な面においても、ケアーして下さると思いました。神様の優しさを感じます。

自分にも難しい人間関係などがあるときには、その慰めの道を開いて下さり、必ず自分の精神的な健康を与えて下さったことを覚えます。

神様は、私の髪の毛の数を数えられます。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

12:1 それから、主はモーセに告げて仰せられた。
12:2 「イスラエル人に告げて言え。女が身重になり、男の子を産んだときは、その女は七日の間汚れる。その女は月のさわりの不浄の期間のように、汚れる。
12:3 ・・八日目には、その子の包皮の肉に割礼をしなければならない。・・
12:4 その女はさらに三十三日間、血のきよめのために、こもらなければならない。そのきよめの期間が満ちるまでは、聖なるものにいっさい触れてはならない。また聖所にはいってもならない。
12:5 もし、女の子を産めば、月のさわりのときと同じく、二週間汚れる。その女はさらに六十六日間、血のきよめのために、こもらなければならない。
12:6 彼女のきよめの期間が満ちたなら、それが息子の場合であっても、娘の場合であっても、その女は全焼のいけにえとして一歳の子羊を一頭と、罪のためのいけにえとして家鳩のひなか、山鳩を一羽、会見の天幕の入口にいる祭司のところに持って来なければならない。
12:7 祭司はこれを主の前にささげ、彼女のために贖いをしなさい。彼女はその出血からきよめられる。これが男の子でも、女の子でも、子を産む女についてのおしえである。
12:8 しかし、もし彼女が羊を買う余裕がなければ、二羽の山鳩か、二羽の家鳩のひなを取り、一羽は全焼のいけにえとし、もう一羽は罪のためのいけにえとしなさい。祭司は彼女のために贖いをする。彼女はきよめられる。」

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1