第1歴代誌16章 ダビデの国が建てられる源

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第1歴代誌16章 ダビデの国が建てられる源

約束の箱

ダビデは、自分が王となった後、一番最初にしたのは、神様がイスラエルに与えた、「契約の箱」を自分の所に運んだことから始まります。それは、神様とイスラエルの関係の中に一番大事なものでありました。その契約の箱に神様の祈りの答えもありましたし、恵の座として、主の御声を聞くことのでき、罪が贖われる場所でもありました。そして、神様の一番大切な働きを表す場所でもあり、神様とイスラエルの約束が刻まれたものでした。それで、ダビデは、この約束の箱を一番大事にしていたのです。

そして、モーセを通して語られた律法に従って、いけにえを絶えず捧げる為に、レビ人などを任命し、絶えず主への奉仕をするように命じました。主への感謝を捧げるもの、絶えず祈るもの、絶えず喜びの歌を捧げるものを置きました。

新約聖書のみことばを思い出させます。

第1テサロニケ人への手紙の5章16-18 「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」

ダビデの国を支える元となるのは、神様のイスラエルに対する契約を固く信じることでした。これを元にして、ダビデの国が建てられます。また、神様のみことばを基にして、自分が守り行うべきことを悉く行いました。これが、ダビデの国の源です。ここから、神様の祝福を受け取り、感謝と喜びの歌い、絶えず祈りととりなしを捧げる裕福な国となりました。

私の人生にも、このように神様が自分に与えられた約束・ビジョン・御心を守り行うことを基にし、主が残してくださったバイブル(聖書)を読み、黙想し、それを守り行うことで、自分の人生が建てられることを祈ります。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

16:1 人々は神の箱を運び入れ、ダビデの張った天幕の中に安置し、神の御前に焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげた。
16:2 焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげ終わると、ダビデは主の御名によって民を祝福し
16:3 イスラエル人のすべてに、男にも女にも、パン一個となつめやしの菓子、干しぶどうの菓子を分け与えた。
16:4 彼はレビ人の幾人かを奉仕者として主の箱の前に立て、イスラエルの神、主をたたえて感謝をささげ、賛美するように命じた。
16:5 アサフを頭とし、次にゼカルヤ、更にエイエル、シェミラモト、エヒエル、マティトヤ、エリアブ、ベナヤ、オベド・エドム、エイエルを立てた。彼らは琴と竪琴を奏で、アサフはシンバルを鳴らし
16:6 祭司のベナヤとヤハジエルは神の契約の箱の前で、絶えずラッパを吹いた。
16:7 ダビデはその日その時、初めてアサフとその兄弟たちに、主に感謝をささげる務めを託した。
16:8 主に感謝をささげて御名を呼べ。諸国の民に御業を示せ。
16:9 主に向かって歌い、ほめ歌をうたい/驚くべき御業をことごとく歌え。
16:10 聖なる御名を誇りとせよ。主を求める人よ、心に喜びを抱き
16:11 主を、主の御力を尋ね求め/常に御顔を求めよ
16:12 主の成し遂げられた驚くべき御業と奇跡を/主の口から出る裁きを心に留めよ。
16:13 主の僕イスラエルの子孫よ/ヤコブの子ら、主に選ばれた人々よ。
16:14 主はわたしたちの神/主の裁きは全地に及ぶ。
16:15 とこしえに主の契約を心に留めよ/千代に及ぼすよう命じられた御言葉を
16:16 アブラハムと結ばれた契約/イサクに対する誓いを
16:17 主はそれをヤコブに対する掟とし/イスラエルへのとこしえの契約として立て

16:18 宣言された/「わたしはあなたにカナンの地を/嗣業として継がせよう」と。
16:19 その地で、あなたたちはまだ数少なく/寄留の民の小さな群れで
16:20 国から国へ/ひとつの王国から他の民のもとへと移って行った。
16:21 主は彼らを虐げることをだれにも許さず/彼らのことを、王たちに戒めて言われた
16:22 「わたしが油を注いだ人々に触れるな/わたしの預言者たちに災いをもたらすな」と。
16:23 全地よ、主に向かって歌え。日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。
16:24 国々に主の栄光を語り伝えよ/諸国の民にその驚くべき御業を。
16:25 大いなる主、大いに賛美される主/神々を超えて、最も畏るべき方。
16:26 諸国の民の神々はすべてむなしい。主は天を造られ
16:27 御前には栄光と輝きがあり/聖所には力と喜びがある。
16:28 諸国の民よ、こぞって主に帰せよ/栄光と力を主に帰せよ
16:29 御名の栄光を主に帰せよ。供え物を携えて御前に近づき/聖なる輝きに満ちる主にひれ伏せ。
16:30 全地よ、御前におののけ。世界は固く据えられ、決して揺らぐことがない。
16:31 天よ、喜び祝え、地よ、喜び躍れ。国々にふれて言え、主こそ王と。
16:32 海とそこに満ちるものよ、とどろけ/野とそこにあるすべてのものよ、喜び勇め
16:33 森の木々よ、喜び歌え/主を迎えて。主は地を裁くために来られる。
16:34 恵み深い主に感謝せよ/慈しみはとこしえに
16:35 祈って言え。わたしたちの救いの神よ、わたしたちを救い/諸国の中からわたしたちを集め/救い出してください。聖なる御名に感謝をささげ/あなたを賛美し、ほめたたえさせてください。
16:36 イスラエルの神、主をたたえよ/世々とこしえに。民は皆、アーメンと答えよ。主を賛美せよ。
16:37 ダビデはそこに、主の契約の箱の前にアサフとその兄弟たちを残し、日ごとの定めのとおりに絶えずその箱に奉仕させた。
16:38 またオベド・エドムとその兄弟たち六十八人、エドトンの子オベド・エドムとホサを残して門衛とした
16:39 他方、ギブオンの聖なる高台にある主の幕屋の前には祭司ツァドクとその兄弟の祭司たちを残した
16:40 それは、朝夕絶えず、焼き尽くす献げ物の祭壇の上で主に焼き尽くす献げ物をささげ、主がイスラエルに授けられた律法に記されていることをことごとく守るためであった。
16:41 彼らと共にヘマン、エドトン、更にほかの選ばれ、指名された者たちがいた。「主の慈しみはとこしえに」と主に感謝するためであった。
16:42 また彼ら、すなわちヘマンとエドトンの手には、鳴り響かせるためのラッパやシンバルがあり、神の歌に用いる楽器があった。門にはエドトンの子らを立たせた。
16:43 こうして民は皆、自分の家に帰って行った。ダビデも家の者に祝福を与えるために引き返した

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1