第1列王記12章 歴史を導く神様

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第1列王記12章 歴史を導く神様

レハブアムは、もっと重い労働を求めた。

ソロモンの老後の大きな過ちは、外国の女たちによって迷われたことから、異邦の神々を拝むようになったことです。これによって、その次世代の子供レハブアムに、国が裂かれることとなった。もし、レハブアムが、謙り主に伺い主の御声を聞き従うこととなったら、国が安定していけたと思います。

レハブアムは、ソロモンに仕えた長老のお話を聞かず、自分の同年代の人々の話を聞き入れ、良い答えをしなかったから、他の10の部族は、別の国となった。これは、神ご自身がされたことであった。つまり、歴史は、すべて決断(Decision)を要求している。その決断を導くのは、神さまご自身にあります。天と地のすべての権威を持っているからです。主の許しが無ければ、この世で行われることは何一つも無いのです。主が歴史を導いています。政治であっても、起業であっても、家庭であっても、教育であっても、マスコミであっても、先進技術であっても、芸能、美術、音楽、今の流行に置いてもそうです。

ヤロブアムは、毎年の捧げ物をするために、レハブアムの国へ行き、彼らの心がレハブアムへ行くことを畏れ、自分で偶像を作り上げ、神様の祭司は、レビ人でなくてはならないのに、自分勝手な人々を任命し、自分勝手にある日を決め、捧げる日を作り上げた。この好意の動機は、恐れでありますこの事は罪の源となった。と聖書は語っています。

歴史の主は、神様ご自身です。その方に伺うことが神を喜ばれ、自分のためにも、自分の民のためにも必要なことであります。心の動機が、人の目を気にすることや人を恐れることであれば、必ず罠に落ちいます。しかし、神を畏れ、神様の言うことを聞き従うなら、必ず平和と安定した人生を過ごすことが出来ます。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

12:1 すべてのイスラエル人が王を立てるためにシケムに集まって来るというので、レハブアムもシケムに行った。
12:2 ネバトの子ヤロブアムは、ソロモン王を避けて逃亡した先のエジプトにいて、このことを聞いたが、なおエジプトにとどまっていた。
12:3 ヤロブアムを呼びに使いが送られて来たので、彼もイスラエルの全会衆と共に来て、レハブアムにこう言った。
12:4 「あなたの父上はわたしたちに苛酷な軛を負わせました。今、あなたの父上がわたしたちに課した苛酷な労働、重い軛を軽くしてください。そうすれば、わたしたちはあなたにお仕えいたします。
12:5 彼が、「行け、三日たってからまた来るがよい」と答えたので、民は立ち去った。
12:6 レハブアム王は、存命中の父ソロモンに仕えていた長老たちに相談した。「この民にどう答えたらよいと思うか。」
12:7 彼らは答えた。「もしあなたが今日この民の僕となり、彼らに仕えてその求めに応じ、優しい言葉をかけるなら、彼らはいつまでもあなたに仕えるはずです。」
12:8 しかし、彼はこの長老たちの勧めを捨て、自分と共に育ち、自分に仕えている若者たちに相談した
12:9 「我々はこの民に何と答えたらよいと思うか。彼らは父が課した軛を軽くしろと言ってきた。」
12:10 彼と共に育った若者たちは答えた。「あなたの父上が負わせた重い軛を軽くせよと言ってきたこの民に、こう告げなさい。『わたしの小指は父の腰より太い。
12:11 父がお前たちに重い軛を負わせたのだから、わたしは更にそれを重くする。父がお前たちを鞭で懲らしめたのだから、わたしはさそりで懲らしめる。』」
12:12 三日目にまた来るようにとの王の言葉に従って、三日目にヤロブアムとすべての民はレハブアムのところに来た。
12:13 王は彼らに厳しい回答を与えた。王は長老たちの勧めを捨て、
12:14 若者たちの勧めに従って言った。「父がお前たちに重い軛を負わせたのだから、わたしは更にそれを重くする。父がお前たちを鞭で懲らしめたのだから、わたしはさそりで懲らしめる。」
12:15 王は民の願いを聞き入れなかった。こうなったのは主の計らいによる主は、かつてシロのアヒヤを通してネバトの子ヤロブアムに告げられた御言葉をこうして実現された
12:16 イスラエルのすべての人々は、王が耳を貸さないのを見て、王に言葉を返した。「ダビデの家に我々の受け継ぐ分が少しでもあろうか。エッサイの子と共にする嗣業はない。イスラエルよ、自分の天幕に帰れ。ダビデよ、今後自分の家のことは自分で見るがよい。」こうして、イスラエルの人々は自分の天幕に帰って行った。
12:17 レハブアムは、ただユダの町々に住むイスラエル人に対してのみ王であり続けた
12:18 レハブアム王は労役の監督アドラムを遣わしたが、イスラエルのすべての人々は彼を石で打ち殺したため、レハブアム王は急いで戦車に乗り込み、エルサレムに逃げ帰った。
12:19 このようにイスラエルはダビデの家に背き、今日に至っている
12:20 イスラエルのすべての人々はヤロブアムが帰ったことを聞き、人を遣わして彼を共同体に招き、王としてイスラエルのすべての人々の上に立てた。ユダ族のほかには、ダビデの家に従う者はなかった。
12:21 レハブアムはエルサレムに帰ると、ユダの全家とベニヤミン族からえり抜きの戦士十八万を召集し、イスラエルの家に戦いを挑み、王権を奪還して自分のものにしようとした
12:22 しかし、神の言葉が神の人シェマヤに臨んだ。
12:23 「ユダの王、ソロモンの子レハブアムと、ユダ、ベニヤミンのすべての家およびほかの民に言え。
12:24 『主はこう言われる。上って行くな。あなたたちの兄弟イスラエルの人々に戦いを挑むな。それぞれ自分の家に帰れ。こうなるように計らったのはわたしだ。』」彼らは主の言葉を聞き、主の言葉に従って帰って行った。
12:25 ヤロブアムはエフライム山地のシケムを築き直し、そこに住んだ。更に、そこを出てペヌエルを築き直した。
12:26 ヤロブアムは心に思った。「今、王国は、再びダビデの家のものになりそうだ。
12:27 この民がいけにえをささげるためにエルサレムの主の神殿に上るなら、この民の心は再び彼らの主君、ユダの王レハブアムに向かい、彼らはわたしを殺して、ユダの王レハブアムのもとに帰ってしまうだろう。
12:28 彼はよく考えたうえで、金の子牛を二体造り、人々に言った。「あなたたちはもはやエルサレムに上る必要はない。見よ、イスラエルよ、これがあなたをエジプトから導き上ったあなたの神である。」
12:29 彼は一体をベテルに、もう一体をダンに置いた。
12:30 この事は罪の源となった。民はその一体の子牛を礼拝するためダンまで行った。
12:31 彼はまた聖なる高台に神殿を設け、レビ人でない民の中から一部の者を祭司に任じた
12:32 ヤロブアムはユダにある祭りに倣って第八の月の十五日に祭りを執り行い、自ら祭壇に上った。ベテルでこのように行って、彼は自分の造った子牛にいけにえをささげ、自分の造った聖なる高台のための祭司をベテルに立てた
12:33 彼は勝手に定めたこの月、第八の月の十五日に、自らベテルに造った祭壇に上った彼はイスラエルの人々のために祭りを定め、自ら祭壇に上って香をたいた。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1