第2列王記13章 恵を千代まで与える神様

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第2列王記13章 恵を千代まで与える神様

アブラハムとの契約

イスラエルは、イエフ以来また、神様の忌み嫌うことを行っていた。そして、周りの国が強くなり、反逆が起き、イスラエルは、難しい時期を過ごすようになった。そのすべての原因は、彼らが神様から離れ、空しい人間が作った偶像を拝むことから始まった。

しかし、主はアブラハム、イサク、ヤコブと結んだ契約のゆえに、彼らを恵み、憐れみ、御顔を向け、彼らを滅ぼそうとはされず、今に至るまで、御前から捨てることはなさらなかった

まことの神は、時代が変わっても、一度契約を結んだ約束を守り行ってくださいます。

時々、クリスチャンの中にも、祈ったのに神様は聞いてくださらなかったということを耳にすることがあります。しかし、神様は、その人の祈りを聞き入れましたが、その答える時を待っていたのです。そして、その人がその祈りに適う人格を持つまで、待っているのです。多くの場合、祈りが適えるには、自分の成長が伴うことが多くあるからです。

幼稚園児に、刀を与える親はいません。その子が、大きくなり、刀を持たしても良い時に、刀を与えるのです。早く自分の欲しいことを手にしたい気持ちはわかりますが、神様は、私とあなたの成長を待っているのです。早く、主の答えを見つけたいなら、自分の中に変わらなくてはならない部分は、無いか?自分に成長すべきところは無いか?をまず、考えることが良いかと思います。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

13:1 ユダの王、アハズヤの子ヨアシュの治世第二十三年に、イエフの子ヨアハズがサマリアでイスラエルの王となり、十七年間王位にあった。
13:2 彼は主の目に悪とされることを行い、イスラエルに罪を犯させたネバトの子ヤロブアムの罪に従って歩み、それを離れなかった
13:3 主はイスラエルに対して怒りを燃やし、彼らを絶えずアラムの王ハザエルの手とハザエルの子ベン・ハダドの手にお渡しになった
13:4 しかし、ヨアハズが主をなだめたので主はこれを聞き入れられた主はイスラエルが圧迫されていること、アラムの王が彼らに圧迫を加えていることを御覧になったからである
13:5 主はイスラエルに一人の救い手を与えられたイスラエルの人々はアラムの支配から解放されて、以前のように自分たちの天幕に住めるようになった
13:6 しかし彼らは、イスラエルに罪を犯させたヤロブアムの家の罪を離れず、それに従って歩み続けたサマリアにはアシェラ像が立ったままであった
13:7 主はヨアハズの軍隊として、騎兵五十騎、戦車十台、歩兵一万しか残されなかったアラムの王が彼らを滅ぼし、踏みつけられる地の塵のようにしたからである
13:8 ヨアハズの他の事績、彼の行ったすべての事、その功績は、『イスラエルの王の歴代誌』に記されている。
13:9 ヨアハズは先祖と共に眠りにつき、サマリアに葬られた。その子ヨアシュがヨアハズに代わって王となった。
13:10 ユダの王ヨアシュの治世第三十七年に、ヨアハズの子ヨアシュがサマリアでイスラエルの王となり、十六年間王位にあった。
13:11 彼は主の目に悪とされることを行い、イスラエルに罪を犯させたネバトの子ヤロブアムの罪を全く離れず、それに従って歩み続けた。
13:12 ヨアシュの他の事績、彼の行ったすべての事、ユダの王アマツヤと戦った功績は、『イスラエルの王の歴代誌』に記されている。
13:13 ヨアシュは先祖と共に眠りにつき、ヤロブアムがその王座についた。ヨアシュはイスラエルの王たちと共にサマリアに葬られた。
13:14 エリシャが死の病を患っていたときのことである。イスラエルの王ヨアシュが下って来て訪れ、彼の面前で、「わが父よ、わが父よ、イスラエルの戦車よ、その騎兵よ」と泣いた。
13:15 エリシャが王に、「弓と矢を取りなさい」と言うので、王は弓と矢を取った。
13:16 エリシャがイスラエルの王に、「弓を手にしなさい」と言うので、彼が弓を手にすると、エリシャは自分の手を王の手の上にのせて
13:17 「東側の窓を開けなさい」と言った。王が開けると、エリシャは言った。「矢を射なさい。」王が矢を射ると、エリシャは言った。「主の勝利の矢。アラムに対する勝利の矢。あなたはアフェクでアラムを撃ち、滅ぼし尽くす。」
13:18 またエリシャは、「矢を持って来なさい」と言った。王が持って来ると、エリシャはイスラエルの王に、「地面を射なさい」と言った。王は三度地を射てやめた
13:19 神の人は怒って王に言った。「五度、六度と射るべきであった。そうすればあなたはアラムを撃って、滅ぼし尽くしたであろう。だが今となっては、三度しかアラムを撃ち破ることができない。」
13:20 エリシャは死んで葬られた。その後、モアブの部隊が毎年この地に侵入して来た
13:21 人々がある人を葬ろうとしていたとき、その部隊を見たので、彼をエリシャの墓に投げ込んで立ち去った。その人はエリシャの骨に触れると生き返り、自分の足で立ち上がった
13:22 アラムの王ハザエルはヨアハズの生きている間、絶えずイスラエルに圧迫を加えた。
13:23 しかし、主はアブラハム、イサク、ヤコブと結んだ契約のゆえに、彼らを恵み、憐れみ、御顔を向け、彼らを滅ぼそうとはされず、今に至るまで、御前から捨てることはなさらなかった
13:24 アラムの王ハザエルは死んで、その子ベン・ハダドが代わって王となった。
13:25 ヨアハズの子ヨアシュは、父ヨアハズの手から奪い取られた町々を、ハザエルの子ベン・ハダドの手から取り返した。ヨアシュは三度彼を撃ち破り、イスラエルの町々を取り返した。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1