ネヘミヤ4章 出来ないと言う仲間の仲で、一方の手で作業をし、もう一方の手には投げ槍を取った

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
ネヘミヤ4章 出来ないと言う仲間の仲で、一方の手で作業をし、もう一方の手には投げ槍を取った

一方の手で作業をし、もう一方の手には投げ槍を取った

敵は、非常に怒った。再建を始められたからである。しかも、ユダもこう言うのだった。「もっこを担ぐ力は弱り/土くれの山 はまだ大きい。城壁の再建など/わたしたちにはできません。」 わたしたちの敵はこう言っていた。「気づかれず、見つから ないように侵入し、彼らを打ち殺して、工事をやめさせよう。」 彼らの近くに住むユダの人々が やって来て、十度もわたしたちに、「あなたたちが戻る と、あらゆるところからわたしたちは攻められます」と言った。

その中で、揺るぐことなく堅く立て、一方の手で作業をし、もう一方の手には投げ槍を取った

敵は私たちの働きを無にしようとしている。仲間も「無理」と言っている。その中で、恐れずに、主の働きを淡々と進むことが自分に与えられたことである。一方の手で作業をし、もう一方の手には投げ槍を取った。これが、自分の目指すものである。

片手では、仕事を続きながら、主のために戦いの準備をし、服を脱がないまま見張る事は、今の自分の大切な召しである。

両方することは簡単ではない。しかし、その再建が完了したと時の喜びは、誰よりも大きいだろう。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー
4:1 サンバラトとトビヤ、それにアラブ人、アンモン人、アシュドドの市民は、エルサレムの城壁の再建が進み、破損の修復が始まったと聞いて、大いに怒った
4:2 彼らは皆で共謀してエルサレムに攻め上り、混乱に陥れようとした。
4:3 わたしたちはわたしたちの神に祈り、昼夜彼らに対し、彼らから身を守るために警戒した
4:4 しかし、ユダもこう言うのだった。「もっこを担ぐ力は弱り/土くれの山はまだ大きい。城壁の再建など/わたしたちにはできません。
4:5 わたしたちの敵はこう言っていた。「気づかれず、見つからないように侵入し、彼らを打ち殺して、工事をやめさせよう。」
4:6 彼らの近くに住むユダの人々がやって来て、十度もわたしたちに、「あなたたちが戻ると、あらゆるところからわたしたちは攻められます」と言った。
4:7 そこでわたしは城壁外の低い所、むき出しになった所に、各家族の戦闘員を、剣と槍と弓を持たせて配置した
4:8 わたしは見回して立ち、貴族や役人やその他の戦闘員に言った。「敵を恐れるな。偉大にして畏るべき主の御名を唱えて、兄弟のため、息子のため、娘のため、妻のため、家のために戦え。」
4:9 わたしたちが気づき、神がその計略を破られたことを敵が知ったので、わたしたちは皆、城壁に戻り、それぞれ自分の作業に就いた
4:10 その日からわたしの部下たちは、半分が作業に従事し、他の半分が槍と盾、弓と鎧を身に着け、将校たちがユダの家全体の背後に控えた
4:11 城壁を築く者、もっこを担いで運ぶ者は、一方の手で作業をし、もう一方の手には投げ槍を取った
4:12 建築作業をする者は、各自腰に剣を帯びて作業した。わたしはそばに角笛を吹く者をつけた
4:13 わたしは貴族と役人と他の戦闘員に言った。「仕事が多く、範囲は広い。わたしたちは互いに遠く離れて城壁の上に散らばっている。
4:14 角笛の音を聞いたら、わたしたちのもとに集まれ。わたしたちの神はわたしたちのために戦ってくださる。」
4:15 夜が明けてから星が現れるころまでわたしたちは作業に就き、部下の半分は槍を手にしていた
4:16 このころわたしは戦闘員に言った。「各自、自分の部下と共にエルサレムの城壁内で夜を過ごしなさい。夜は警備に当たり、昼に仕事をしよう。
4:17 わたしも、兄弟も、部下の者も、わたしに従う警備の者も、わたしたちはだれも、服を脱がずにいて、各自投げ槍を右の手にしていた。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1