ネヘミヤ記7章 誠実で、だれよりも神を畏れる人物

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
ネヘミヤ記7章 誠実で、だれよりも神を畏れる人物

誠実で、だれよりも神を畏れる人物

主の働きに最も要求されているのは、誠実な人で神様を畏れる人です。

自分を振り替えてみると、自分の言うことと実際に行動することが合わないところがあったかと思いました。自分の生活に、特に、言葉(発言)に伴う行動、そして、その行動の誠実さがもっと必要であることに気づきます。

日本に来て、色んな出来事がありましたが、これに関しては、成長するきっかけとなるさまざまなことに感謝し、これからも、「誠実」というテーマは、一生の間、自分を懲らしめる大きなものであると考えています。

小事に忠実であることから、主の時を待ち望みます。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

7:1 城壁が築かれたので、わたしは扉を取り付けさせた。そして、門衛と詠唱者とレビ人を任務に就けた
7:2 わたしは、兄弟のハナニと要塞の長ハナンヤにエルサレムの行政を託した。このハナンヤ誠実で、だれよりも神を畏れる人物だった。
7:3 わたしは彼らに言った。「日射しの暑くなる時まで、エルサレムの門を開いてはならない。また彼らが任務に就いている間に扉を固く閉ざしなさい。エルサレムの住民に守備態勢を取らせ、各自が自分の持ち場と、各自が自分の家の前を守るようにせよ。」
7:4 町は二方向に大きく広がっていたが、その中に住む民は少数で、家屋は建てられてはいなかった。
7:5 わたしは心に神の指示を受けて、貴族と役人と民を集め、家系に従って登録させようとしたところ、最初に帰還した人々の名簿を発見した。そこには次のように記録されているのを発見した
7:6 捕らえ移された先から上って来たこの州の人々は、次のとおりである。彼らは、バビロンの王ネブカドネツァルによって連行されたが、それぞれエルサレムとユダにある自分の町に帰ったものである。
7:7 彼らはゼルバベル、イエシュア、ネヘムヤ、アザルヤ、ラアムヤ、ナハマニ、モルドカイ、ビルシャン、ミスペレト、ビグワイ、ネフム、バアナと共に帰って来た。イスラエルの民の男子の数
7:8 パルオシュの一族二千百七十二人、
7:9 シェファトヤの一族三百七十二人、
7:10 アラの一族六百五十二人、
7:11 パハト・モアブの一族、すなわちイエシュアとヨアブの一族二千八百十八人、
7:12 エラムの一族千二百五十四人、
7:13 ザトの一族八百四十五人、
7:14 ザカイの一族七百六十人、
7:15 ビヌイの一族六百四十八人、
7:16 ベバイの一族六百二十八人、
7:17 アズガドの一族二千三百二十二人、
7:18 アドニカムの一族六百六十七人、
7:19 ビグワイの一族二千六十七人、
7:20 アディンの一族六百五十五人、
7:21 アテルの一族、すなわちヒズキヤの一族九十八人、
7:22 ハシュムの一族三百二十八人、
7:23 ベツァイの一族三百二十四人、
7:24 ハリフの一族百十二人、
7:25 ギブオンの一族九十五人、
7:26 ベツレヘムとネトファの男子百八十八人、
7:27 アナトトの男子百二十八人、
7:28 ベト・アズマベトの男子四十二人、
7:29 キルヤト・エアリムと、ケフィラとベエロトの男子七百四十三人、
7:30 ラマとゲバの男子六百二十一人、
7:31 ミクマスの男子百二十二人、
7:32 ベテルとアイの男子百二十三人、
7:33 別のネボの男子五十二人、
7:34 別のエラムの一族千二百五十四人、
7:35 ハリムの一族三百二十人、
7:36 エリコの一族三百四十五人、
7:37 ロド、ハディド、オノの一族七百二十一人、
7:38 セナアの一族三千九百三十人。
7:39 祭司。エダヤの一族、すなわちイエシュアの一族九百七十三人、
7:40 イメルの一族千五十二人、
7:41 パシュフルの一族千二百四十七人、
7:42 ハリムの一族千十七人。
7:43 レビ人。イエシュアとカドミエル、ビヌイ、ホダウヤの一族七十四人。
7:44 詠唱者。アサフの一族百四十八人。
7:45 門衛。シャルムの一族、アテルの一族、タルモンの一族、アクブの一族、ハティタの一族、ショバイの一族、百三十八人。
7:46 神殿の使用人。ツィハの一族、ハスファの一族、タバオトの一族、
7:47 ケロスの一族、シアの一族、パドンの一族、
7:48 レバナの一族、ハガバの一族、シャルマイの一族、
7:49 ハナンの一族、ギデルの一族、ガハルの一族、
7:50 レアヤの一族、レツィンの一族、ネコダの一族、
7:51 ガザムの一族、ウザの一族、パセアの一族、
7:52 ベサイの一族、メウニムの一族、ネフィシェシムの一族、
7:53 バクブクの一族、ハクファの一族、ハルフルの一族、
7:54 バツリトの一族、メヒダの一族、ハルシャの一族、
7:55 バルコスの一族、シセラの一族、テマの一族、
7:56 ネツィアの一族、ハティファの一族。
7:57 ソロモンの使用人の一族。ソタイの一族、ソフェレトの一族、ペリダの一族、
7:58 ヤアラの一族、ダルコンの一族、ギデルの一族、
7:59 シェファトヤの一族、ハティルの一族、ポケレト・ハツェバイムの一族、アモンの一族。
7:60 神殿の使用人およびソロモンの使用人の一族、合計三百九十二人。
7:61 テル・メラ、テル・ハルシャ、ケルブ、アドン、イメルから上って来たが、自分の家族と血筋がイスラエルに属するかどうか示せなかった者は次のとおりである
7:62 デラヤの一族、トビヤの一族、ネコダの一族、六百四十二人。
7:63 また祭司のうちに、ホバヤの一族、ハコツの一族、ギレアド人バルジライの娘の一人をめとったので、その名が由来するバルジライの一族は、
7:64 自分たちの家系の記録を捜したが発見できず、祭司職に就くことを禁じられた
7:65 総督は、ウリムとトンミムをつけた祭司が立つまで、彼らが聖なる食べ物にあずかることを禁じた。
7:66 会衆の総数は、四万二千三百六十人であった。
7:67 ほかに男女の使用人が七千三百三十七人いた。また、男女の詠唱者が二百四十五人いた。
7:68 らくだは四百三十五頭、ろばは六千七百二十頭であった。
7:69 家長の何人かは、工事のために寄付をした。総督は、会計に金一千ドラクメ、供え物用の器五十個、祭司の衣服五百三十着を差し出した。
7:70 家長の幾人かは、工事の会計に金二万ドラクメ、銀二千二百マネを差し出した。
7:71 残りの民が差し出したのは、金二万ドラクメ、銀二千マネ、祭司の衣服六十七着であった。
7:72 祭司、レビ人、門衛、詠唱者、民の一部、神殿の使用人、すなわちイスラエル人は皆それぞれ自分たちの町に住んだ。第七の月になり、イスラエルの人々は自分たちの町にいたが、

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1