ルツ記1章 ルツの決意(良い行い)

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

ルツ記1章 ルツの決意(良い行い)
ruth

ルツは、モアブの人で婿のルツが、主人や息子を亡くした後の生活に困っているところから自分は、決してルツを離れない堅い決心と献身を心に決めた。ルツは言った。「あなたを見捨て、あなたに背を向けて帰れなどと、そんなひどいことを強いないでください。わたしは、あなたの行かれる所に行き、お泊まりになる所に泊まります。あなたの民はわたしの民、あなたの神はわたしの神あなたの亡くなる所でわたしも死に、そこに葬られたいのです。死んでお別れするのならともかく、そのほかのことであなたを離れるようなことをしたなら、主よ、どうかわたしを幾重にも罰してください。」

ルツの言ったことは、大きな励ましをルツに与えたと思います。自分の国を後ろにし、そして、慣れない場所へ行き、また、宗教も従うことにもなり、自分もそこに葬られるというのは、自分の一生涯だけではなく、そこに自分の魂をまでも、置くことですので、ましで、宣教師の決心のようなものかと思いました。

この決心は、ルツだけを励ましたのではなく、周囲の人々にも励ましとなり、もっと大事なのは、天の神様もそれを見ておられたと思います。この女性、ルツは、後ほどダビデの曾祖母となり、彼女から主イエスキリストの先祖となったのです。

自分の命をも捧げる聖書の人物は、必ず主の祝福を受け取ることとなっています。

自分もこの国のために、一生涯だけではなく、自分の魂をも、そして、子孫たちにも主に委ねられた人生を過ごしたいと思います。自分の魂が日本人となり、この国を生かすために必要な働きが出来るとありがたく思います。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

1:1 士師が世を治めていたころ、飢饉が国を襲ったので、ある人が妻と二人の息子を連れて、ユダのベツレヘムからモアブの野に移り住んだ
1:2 その人は名をエリメレク妻はナオミ二人の息子はマフロンとキルヨンといい、ユダのベツレヘム出身のエフラタ族の者であった。彼らはモアブの野に着き、そこに住んだ。
1:3 夫エリメレクは、ナオミと二人の息子を残して死んだ
1:4 息子たちはその後、モアブの女を妻とした一人はオルパもう一人はルツといった。十年ほどそこに暮らしたが、
1:5 マフロンとキルヨンの二人も死に、ナオミは夫と二人の息子に先立たれ、一人残された。
1:6 ナオミは、モアブの野を去って国に帰ることにし、嫁たちも従った。主がその民を顧み、食べ物をお与えになったということを彼女はモアブの野で聞いたのである
1:7 ナオミは住み慣れた場所を後にし、二人の嫁もついて行った。故国ユダに帰る道すがら、
1:8 ナオミは二人の嫁に言った。「自分の里に帰りなさい。あなたたちは死んだ息子にもわたしにもよく尽くしてくれた。どうか主がそれに報い、あなたたちに慈しみを垂れてくださいますように
1:9 どうか主がそれぞれに新しい嫁ぎ先を与え、あなたたちが安らぎを得られますように。」ナオミが二人に別れの口づけをすると、二人は声をあげて泣いて、
1:10 言った。「いいえ、御一緒にあなたの民のもとへ帰ります。」
1:11 ナオミは言った。「わたしの娘たちよ、帰りなさい。どうしてついて来るのですか。あなたたちの夫になるような子供がわたしの胎内にまだいるとでも思っているのですか。
1:12 わたしの娘たちよ、帰りなさい。わたしはもう年をとって、再婚などできはしません。たとえ、まだ望みがあると考えて、今夜にでもだれかのもとに嫁ぎ、子供を産んだとしても、
1:13 その子たちが大きくなるまであなたたちは待つつもりですか。それまで嫁がずに過ごすつもりですか。わたしの娘たちよ、それはいけません。あなたたちよりもわたしの方がはるかにつらいのです。主の御手がわたしに下されたのですから。」
1:14 二人はまた声をあげて泣いた。オルパはやがて、しゅうとめに別れの口づけをしたが、ルツはすがりついて離れなかった。
1:15 ナオミは言った。「あのとおり、あなたの相嫁は自分の民、自分の神のもとへ帰って行こうとしている。あなたも後を追って行きなさい。」
1:16 ルツは言った。「あなたを見捨て、あなたに背を向けて帰れなどと、そんなひどいことを強いないでください。わたしは、あなたの行かれる所に行き/お泊まりになる所に泊まります。あなたの民はわたしの民/あなたの神はわたしの神
1:17 あなたの亡くなる所でわたしも死に/そこに葬られたいのです。死んでお別れするのならともかく、そのほかのことであなたを離れるようなことをしたなら、主よ、どうかわたしを幾重にも罰してください。」
1:18 同行の決意が固いのを見て、ナオミはルツを説き伏せることをやめた。
1:19 二人は旅を続け、ついにベツレヘムに着いた。ベツレヘムに着いてみると、町中が二人のことでどよめき、女たちが、ナオミさんではありませんかと声をかけてくると、
1:20 ナオミは言った。「どうか、ナオミ(快い)などと呼ばないで、マラ(苦い)と呼んでください。全能者がわたしをひどい目に遭わせたのです
1:21 出て行くときは、満たされていたわたしを/主はうつろにして帰らせたのですなぜ、快い(ナオミ)などと呼ぶのですか主がわたしを悩ませ/全能者がわたしを不幸に落とされたのに。」
1:22 ナオミはこうして、モアブ生まれの嫁ルツを連れてモアブの野を去り、帰って来た。二人がベツレヘムに着いたのは、大麦の刈り入れの始まるころであった

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1