詩篇39篇 わたしはあなたを待ち望みます

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

詩篇39篇 わたしはあなたを待ち望みます

わたしはあなたを待ち望みます

ダビデは、自分の人生がどんなものかを悟るように祈りました。そして、その悟りは、このようなものでした。

「ああ、人は確かに立っているようでも/すべて空しいもの。ああ、人はただ影のように移ろうもの。ああ、人は空しくあくせくし/だれの手に渡るとも知らずに積み上げる。」

残りの質問は、これでした。何に望みをかけたらよいのでしょう。

その答えは、
わたしはあなた(創造主の神様)を待ち望みます。ということでした。

癌という病気、AIDSという病気、地震、津波、自然からの災害などは、人間の死への道を知らせるものであります。そこに、私たちの限界があります。このような状況から、悟られるのが私たちの弱さです。そこから、自分の望を見出すところは、神様ご自身です。

ダビデの結論は、わたしはあなたを待ち望みます。ということでした。

私も、神様を待ち望みます。人に頼ると必ずその人から失望を受けるでしょう。自分の富を頼ると、その富はいつの間にかなくなります。また、それを死後の世界へ持っていくことは出来ないものです。自分の地位は、退職と供になくなります。一時期の流行、有名人、名誉などは、一瞬のもので、その時代が過ぎると、誰も覚えてくれません。

私は、神様ご自身にすべての望を置きます。なぜなら、その方は、永遠から永遠まで変わりの無い方ですから・・・

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

39:1 【指揮者によって。エドトンの詩。賛歌。ダビデの詩。】
39:2 わたしは言いました。「わたしの道を守ろう、舌で過ちを犯さぬように。神に逆らう者が目の前にいる。わたしの口にくつわをはめておこう。」
39:3 わたしは口を閉ざして沈黙し/あまりに黙していたので苦しみがつのり
39:4 心は内に熱し、呻いて火と燃えた。わたしは舌を動かして話し始めた。
39:5 「教えてください、主よ、わたしの行く末を/わたしの生涯はどれ程のものか/いかにわたしがはかないものか、悟るように。」
39:6 御覧ください、与えられたこの生涯は/僅か、手の幅ほどのもの。御前には、この人生も無に等しいのです。ああ、人は確かに立っているようでも/すべて空しいもの。〔セラ
39:7 ああ、人はただ影のように移ろうもの。ああ、人は空しくあくせくし/だれの手に渡るとも知らずに積み上げる。
39:8 主よ、それなら/何に望みをかけたらよいのでしょう。わたしはあなたを待ち望みます
39:9 あなたに背いたすべての罪からわたしを救い/神を知らぬ者というそしりを/受けないようにしてください。
39:10 わたしは黙し、口を開きません。あなたが計らってくださるでしょう
39:11 わたしをさいなむその御手を放してください。御手に撃たれてわたしは衰え果てました。
39:12 あなたに罪を責められ、懲らしめられて/人の欲望など虫けらのようについえます。ああ、人は皆、空しい。〔セラ
39:13 主よ、わたしの祈りを聞き/助けを求める叫びに耳を傾けてください。わたしの涙に沈黙していないでください。わたしは御もとに身を寄せる者/先祖と同じ宿り人。
39:14 あなたの目をわたしからそらせ/立ち直らせてください/わたしが去り、失われる前に。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1