雅歌6章 わたしは、ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

雅歌6章 わたしは、ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの

water_lilies

6:3 恋しいあの人はわたしのものわたしは恋しいあの人のものゆりの中で群れを飼っているあの人のもの

「ゆりの中で群れを飼っているあの人」は、キリストを指した表現ではないかと思います。

恋しいあの人はわたしのもの、わたしは恋しいあの人のもの。ここでは、互いに献身し合うことが解ります。また、消極的な関係ではなく、積極的な関係があることでしょう。

その献身の関係は、キリストと教会である信者との関係を表します。

また、「ゆりの中で群れを飼っているあの人 」は、良い羊飼いであるキリストのことを思い出します。

Matthew Henryのコメントを追加しました。 (続きを読むをクリック)

雅歌のすべての内容は、神様とイスラエルとの愛の関係を示しています。また、新約聖書のキリストと教会である信者との関係を表します。

この6章では、その関係が互いに積極的な関係となり、そこにハーモニーを感じられます。

私たちの生活も、キリストとハーモニーを保ちながら、歩むことができると、ゆりの中でともに群れを飼うことになるのではないかと思います。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー 

 

6:1 あなたの恋人はどこに行ってしまったの。だれにもまして美しいおとめよ/あなたの恋人はどこに行ってしまったの。一緒に探してあげましょう。

6:2 わたしの恋しい人は園に/香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

6:3 恋しいあの人はわたしのものわたしは恋しいあの人のものゆりの中で群れを飼っているあの人のもの

Matthew Henryのコメンタリーです。

 She is very confident of her own interest in him (v. 3): "I am my beloved's, and my beloved is mine; the relation is mutual, and the knot is tied, which cannot be loosed; for he feeds among the lilies, and my communion with him is a certain token of my interest in him." She had said this before (Song 2:16); but,

(1.) Here she repeats it as that which she resolved to abide by, and which she took an unspeakable pleasure and satisfaction in; she liked her choice too well to change. Our communion with God is very much maintained and kept up by the frequent renewing of our covenant with him and rejoicing in it.

(2.) She had occasion to repeat it, for she had acted unkindly to her beloved, and, for her so doing, he had justly withdrawn himself from her, and therefore there was occasion to take fresh hold of the covenant, which continues firm between Christ and believes, notwithstanding their failings and his frowns, Ps 89:30-35. "I have been careless and wanting in my duty, and yet I am my beloved's;" for every transgression in the covenant does not throw us out of covenant. "He has justly hidden his face from me and denied me his comforts, and yet my beloved is mine;" for rebukes and chastenings are not only consistent with, but they flow from covenant-love.

(3.) When we have not a full assurance of Christ's love we must live by a faithful adherence to him. "Though I have not the sensible consolation I used to have, yet I will cleave to this, Christ is mine and I am his."

(4.) Though she had said the same before, yet now she inverts the order, and asserts her interest in her first: I am my beloved's, entirely devoted and dedicated to him; and then her interest in him and in his grace: "My beloved is mine, and I am happy, truly happy in him." If our own hearts can but witness for us that we are his, there is no room left to question his being ours; for the covenant never breaks on his side.

(5.) It is now her comfort, as it was then, that he feeds among the lilies, that he takes delight in his people and converses freely with them, as we do with those with whom we feed; and therefore, though at present he be withdrawn, "I shall meet with him again. I shall yet praise him who is the health of my countenance, and my God."

(from Matthew Henry's Commentary on the Whole Bible: New Modern Edition, Electronic Database. Copyright ゥ 1991 by Hendrickson Publishers, Inc.)

 

6:4 恋人よ、あなたはティルツァのように美しく/エルサレムのように麗しく/旗を掲げた軍勢のように恐ろしい。

6:5 わたしを混乱させるその目を/わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

6:6 歯は雌羊の群れ。毛を刈られ/洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

6:7 ベールの陰のこめかみはざくろの花。

6:8 王妃が六十人、側女が八十人/若い娘の数は知れないが

6:9 わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘/産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し/王妃も側女も彼女をたたえる。

6:10 曙のように姿を現すおとめは誰か。満月のように美しく、太陽のように輝き/旗を掲げた軍勢のように恐ろしい

6:11 わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに/ぶどうの花は咲いたか/ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

6:12 知らぬ間にわたしは/アミナディブの車に乗せられていました。

 

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1