最近フォーラム投稿

トピックの詳細 »

ヘブライ人への手紙 第8章 彼らの罪を思い出すことはしない

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
ヘブライ人への手紙 第8章 彼らの罪を思い出すことはしない

Eagle after eating.png

わたしは、彼らの不義をあわれみ、もはや、彼らの罪を思い出すことはしない

神様は私たちと新しい契約を設けました。それは、だれでも神様の前で自分の罪を言い表せるなら、その人の不義をあわれみ、その人の罪を思い出すことはしないことです。

第1ヨハネにょる手紙1:9  もし、わたしたちが自分の罪を告白するならば、神は真実で正しいかたであるから、その罪をゆるし、すべての不義からわたしたちをきよめて下さる。 

これにより、私たちの内にあるあらゆる不義が神様の憐みのゆえに無いことに等しい扱いをされるのです。それだけではなく、神様のこともとされることが約束されたのです。

ヨハネ1:12  しかし、彼を受けいれた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである。

今も、神様の前に進み出て、自分の的外れの人生を悔い改める人は、神様の憐みと恵みを受けることができます。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

ヘブライ人への手紙 第7章 私たちにとってまさに必要な方

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
ヘブライ人への手紙 第7章 私たちにとってまさに必要な方

rishiri001

Heb 7:24  しかし、キリストは永遠に存在されるのであって、変わることのない祭司の務めを持っておられます。 
Heb 7:25  したがって、ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになりますキリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからです。 
Heb 7:26  また、このようにきよく、悪も汚れもなく、罪人から離れ、また、天よりも高くされた大祭司こそ、私たちにとってまさに必要な方です

イエス様は、永遠に祭司の務めをし、神に近づくものを完全に救うことができます。また、イエス様は、いつも生きていて、神に近づくもののためにとりなしをしておられます。キリストは、聖く、悪も汚れもなく、罪人から離れ、天よりも高くされた大祭司として、私に必要な方です。

神様に近づくためにはイエス・キリストが必要です。キリストこそ、私たちを神様の御もとに導く方ですからです。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1