ヤコブ書 第1章 知恵を神様に求めると与えられる

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 
ヤコブ書 第1章 知恵を神様に求めると与えられる

15年01月29日0002

知識と知恵の違いは大きいです。知恵は、知っている知識を適用できる能力です。いくら知識があり、博士になっても知っている知識を適切に適用できなければ、そのすべての知識も意味がないものになります。

ある環境で、ある場合、自分がどうすればよいのか?この時に必要なのが知恵です。あらゆるビジネスの場面にも適用できるのが、知恵です。情報はインターネットにあふれています。Google検索をすれば、あらゆる情報を得ることはできます。しかし、その情報をどのように適用するかは、神様からの知恵によって最善の道を選ぶことができます。

神様は私のすべてを知っており、その中で永遠の観点から最善を導き入れます。この神様の良い導きを知ることができれば、私たちは最善の人生を過ごせます。これは、神様が御霊によって示すときに私たち信じる者が感じ取ることができるようになります。

知恵が足りなければ、二心ではなく、完全な信仰をもって求めるこそが、最善の人生です。
Jas 1:1  神と主イエス・キリストとの僕ヤコブから、離散している十二部族の人々へ、あいさつをおくる。 
Jas 1:2  わたしの兄弟たちよ。あなたがたが、いろいろな試錬に会った場合、それをむしろ非常に喜ばしいことと思いなさい。 
Jas 1:3  あなたがたの知っているとおり、信仰がためされることによって、忍耐が生み出されるからである。 
Jas 1:4  だから、なんら欠点のない、完全な、でき上がった人となるように、その忍耐力を十分に働かせるがよい。 
Jas 1:5  あなたがたのうち、知恵に不足している者があれば、その人は、とがめもせずに惜しみなくすべての人に与える神に、願い求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。 
Jas 1:6  ただ、疑わないで、信仰をもって願い求めなさい。疑う人は、風の吹くままに揺れ動く海の波に似ている。 
Jas 1:7  そういう人は、主から何かをいただけるもののように思うべきではない。 
Jas 1:8  そんな人間は、二心の者であって、そのすべての行動に安定がない。 
Jas 1:9  低い身分の兄弟は、自分が高くされたことを喜びなさい。 
Jas 1:10  また、富んでいる者は、自分が低くされたことを喜ぶがよい。富んでいる者は、草花のように過ぎ去るからである。 
Jas 1:11  たとえば、太陽が上って熱風をおくると、草を枯らす。そしてその花は落ち、その美しい姿は消えうせてしまう。それと同じように、富んでいる者も、その一生の旅なかばで没落するであろう。 
Jas 1:12  試錬を耐え忍ぶ人は、さいわいであるそれを忍びとおしたなら、神を愛する者たちに約束されたいのちの冠を受けるであろう。 
Jas 1:13  だれでも誘惑に会う場合、「この誘惑は、神からきたものだ」と言ってはならない。神は悪の誘惑に陥るようなかたではなく、また自ら進んで人を誘惑することもなさらない。 
Jas 1:14  人が誘惑に陥るのは、それぞれ、欲に引かれ、さそわれるからである。 
Jas 1:15  欲がはらんで罪を生み、罪が熟して死を生み出す。 
Jas 1:16  愛する兄弟たちよ。思い違いをしてはいけない。 
Jas 1:17  あらゆる良い贈り物、あらゆる完全な賜物は、上から、光の父から下って来る父には、変化とか回転の影とかいうものはない。 
Jas 1:18  父は、わたしたちを、いわば被造物の初穂とするために、真理の言葉によって御旨のままに、生み出して下さったのである。 
Jas 1:19  愛する兄弟たちよ。このことを知っておきなさい。人はすべて、聞くに早く、語るにおそく、怒るにおそくあるべきである。 
Jas 1:20  人の怒りは、神の義を全うするものではないからである。 
Jas 1:21  だから、すべての汚れや、はなはだしい悪を捨て去って、心に植えつけられている御言を、すなおに受け入れなさい。御言には、あなたがたのたましいを救う力がある。 
Jas 1:22  そして、御言を行う人になりなさい。おのれを欺いて、ただ聞くだけの者となってはいけない。 
Jas 1:23  おおよそ御言を聞くだけで行わない人は、ちょうど、自分の生れつきの顔を鏡に映して見る人のようである。 
Jas 1:24  彼は自分を映して見てそこから立ち去ると、そのとたんに、自分の姿がどんなであったかを忘れてしまう。 
Jas 1:25  これに反して、完全な自由の律法を一心に見つめてたゆまない人は、聞いて忘れてしまう人ではなくて、実際に行う人である。こういう人は、その行いによって祝福される。 
Jas 1:26  もし人が信心深い者だと自任しながら、舌を制することをせず、自分の心を欺いているならば、その人の信心はむなしいものである。 
Jas 1:27  父なる神のみまえに清く汚れのない信心とは、困っている孤児や、やもめを見舞い、自らは世の汚れに染まずに、身を清く保つことにほかならない。 
 

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1